【スペック】全長×全幅×全高=4840×1915×1395mm/ホイールベース=2855mm/車重=1840kg/駆動方式=FR/3.6リッターV6DOHC24バルブ(308ps/6400rpm、37.7kgm/5200rpm)/価格=499万円(テスト車=505万3000円/有償ペイント=6万3000円)

シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)【試乗記】

アメリカンヒーロー 2011.09.19 試乗記 シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)
……505万3000円

シボレーブランドのアイコンカー「カマロ」にオープンモデル誕生。クール、ファン、フリーダムを掲げる、最新アメリカンスポーツの走りを試した。

クローズ時のスタイリングがイイ

別にまわりに迷惑をかけるような運転をしているわけじゃない。自分で言うのもなんだが、わが「カマロ コンバーチブル」は西へ向かう東名高速の車列でぴたりと歩調を合わせ、これでもできるかぎり存在感を消して走っているつもりなのだ。なのに前を走っているクルマは、「ドゾッ!」と言わんばかりに、さっとどいてしまう。これじゃあ、まるでサメが魚の群れの中に突っ込んでいくみたいじゃないか!? この“コワモテカー”が発するオーラは、スーパーカー並みに強烈らしい。

クーペボディの「カマロ」には6.2リッターのV8と3.6リッターのV6があるが、今年の7月に発売されたコンバーチブルで選べるのはV6のみ。499万円という価格は、V6クーペ(430万円)とV8クーペ(535万円)の真ん中に位置している。この価格、安めなのか、高めなのか判断するのは簡単ではないけれども、ライバル「フォード・マスタング」の「V6コンバーチブル スポーツアピアランス」(6月に発売された限定車)が505万円だったことを考えると、アメ車のV6オープンは500万円前後が相場らしい。比べても仕方ないが、ドイツ車よりはかなり安めだ。

オープンカーのウンチクじみたことを言えば、“Convertible”とは文字づらから判断すれば“to be coverted”、すなわち「ボディ形態を変えることが可能なクルマ」という意味である。つまりオープン状態が格好いいだけではダメで、クローズ時(むしろこちらが基本形と考えるべきだろう)のスタイリングにもこだわるべきである。
その点、新型はイイ線いっている。すっきりとしたオープン時のシルエットと、端正で軽快感のあるバランスの良いノッチバックスタイルを両立させている。クーペと同様に、どこか先代カマロをほうふつとさせる味わいもある。

それではいざ、ソフトトップを開け放ってみることにしよう。

インテリアは基本的にクーペモデルと同じ。シフトノブの奥には、油温計、油圧計、電圧計、ATF油温計を表示する4連メーターが備わる。装備されるポータブルナビはディーラーオプション(価格12万3600円)。
インテリアは基本的にクーペモデルと同じ。シフトノブの奥には、油温計、油圧計、電圧計、ATF油温計を表示する4連メーターが備わる。装備されるポータブルナビはディーラーオプション(価格12万3600円)。
レザーのスポーツバケットシートはシートヒーター付き。
レザーのスポーツバケットシートはシートヒーター付き。
キャンバス製ソフトトップには、静粛性の向上のために吸音性の高いライナーが挟み込まれている。
キャンバス製ソフトトップには、静粛性の向上のために吸音性の高いライナーが挟み込まれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カマロ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)【試乗記】 2011.9.19 試乗記 シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/6AT)
    ……505万3000円

    シボレーブランドのアイコンカー「カマロ」にオープンモデル誕生。クール、ファン、フリーダムを掲げる、最新アメリカンスポーツの走りを試した。
ホームへ戻る