谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編)

2017.06.29 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は日本を代表するスポーツカー「日産GT-R」に試乗する。“イヤーモデル制”が採られ、年ごとに着々と進化してきたR35型GT-R。デビューから10年を経て、その完成度はどこまで高まったのか。かつてR35を所有していた谷口が、オーナー目線で語る!

 
谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大

GT-Rは「すぐ速い」

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは日産が、というよりも日本が世界に誇るスポーツカーの日産GT-Rである。

GT-Rはあらゆる意味で日本車の枠組みを大きく超えたクルマだ。まず、エンジンパワーが圧倒的に大きい。デビューした2007年当時、500psに迫る最高出力を実現した日本車はGT-Rだけ。ボディー、シャシー、駆動系もこのパワーをフルに生かし切ることを前提に設計され、300km/hの巡航が可能とされた史上初の日本車でもあった。

もうひとつGT-Rで特徴的なのが、デビューから10年のときを経てもフルモデルチェンジすることなく、毎年のように緻密な改良を重ねていまなお世界トップクラスのパフォーマンスを得ていることにある。そしてそんなGT-Rの歩みを、谷口はずっと注目し続けてきたという。

「現行型のR35、僕も持っていたんですよ。2007年モデルを中古で買ったんです。当時、最高出力は480psでしたが、まあ速かった。僕はGT-Rを表現するときにただ『速い』じゃなくて『すぐ速い』という言葉を使っているんです。アクセルを踏み始めたらすぐに『ブワーッ!』って加速していく。信号が青になったら、もう瞬間的に加速している。本当に、自分が思っている以上のスピードがあっという間に出ているから、自分に自分でブレーキをかけられる人じゃないと危ないと思いますよ」(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
GT-R日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • ニューヨークショー2018(日産) 2018.3.30 画像・写真 2018年の北米国際自動車ショーで日産自動車は、世界初の量産可変圧縮比ターボエンジンを搭載した4ドアセダンの新型「アルティマ」を世界初公開した。同時に展示された「ローグスポーツ」や「リーフ」「GT-R」なども合わせて、写真で紹介する。
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る