クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)

ますます硬派に 2017.07.04 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。

パワーも装備も“増し増し”

ゴルフがマイナーチェンジして、GTIも新しくなった。ボディーに若干のフェイスリフトが施され、装備類もフォルクスワーゲン&アウディグループ車の最新モードにアップデートした。装備の充実にともなって、GTIに限らず、パッケージオプションの種類が一気に増えたのも新型シリーズの特徴だ。

1年前、GTI生誕40周年を記念して、パワーを265psに向上させた「GTIクラブスポーツ」が限定販売された。市販FF車最速を懸けたニュルブルクリンクレコードブレーカー「GTIクラブスポーツS」の流れをくむ史上最強GTIである。

あれには及ばないものの、新型の2リッター4気筒ターボは220psから230psにパワーアップしている。350Nm(35.7kgm)の最大トルクは変わらないから、“キモチ程度”だろうが、カタログには「最高出力を7kW(10ps)もアップすることに成功しました」と書いてある。

本体価格は、今回テストしたDSGで399万9000円。従来モデルからは9000円の値上げにとどまる、と言いたいところだが、デジタルメーター、LEDライト類、ダイナミックコーナリングライトなどから成るテクノロジーパッケージ、アダプティブシャシーコントロールと18インチタイヤを組み合わせたDCCパッケージ、カーナビ、インフォテインメント関係のDiscover Proパッケージなど、最新の装備類を搭載した試乗車は、約466万円のプライスタグを下げる。

新たにLEDヘッドランプが採用された最新の「ゴルフGTI」。ハニカムグリルとあいまって、シャープなイメージが演出される。
新たにLEDヘッドランプが採用された最新の「ゴルフGTI」。ハニカムグリルとあいまって、シャープなイメージが演出される。拡大
今回のマイナーチェンジでは、インフォテインメントシステムの充実がトピック。9.2インチのディスプレイが用意され、スマートフォンとの連携や、インターネットを介した情報サービスの利用が可能になった。
今回のマイナーチェンジでは、インフォテインメントシステムの充実がトピック。9.2インチのディスプレイが用意され、スマートフォンとの連携や、インターネットを介した情報サービスの利用が可能になった。拡大
純正ナビゲーションシステム「Discover Pro」は、新たにジェスチャーコントロール機能を採用。画面に触れることなく、ラジオの選曲をはじめとする操作ができるようになった。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
純正ナビゲーションシステム「Discover Pro」は、新たにジェスチャーコントロール機能を採用。画面に触れることなく、ラジオの選曲をはじめとする操作ができるようになった。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)拡大
マイナーチェンジでLED式になった、リアコンビランプ。ウインカーの光が流れるように点滅する「ダイナミックターンインジケーター」と合わせてオプション設定される。
マイナーチェンジでLED式になった、リアコンビランプ。ウインカーの光が流れるように点滅する「ダイナミックターンインジケーター」と合わせてオプション設定される。拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

「クラブスポーツ」寄りに変化

以前より硬派なクルマになったなあ、というのが新型GTIの第一印象だった。4年前、7thゴルフのGTIに初めて乗ったときは、ホットハッチを水にしてしまったかの如き機械的洗練度の高さが印象的だった。もちろん大入力を与えれば、GTIが“出てくる”。しかしふだんはすっかり爪を隠している。そんなクールな高性能ぶりが7代目GTIの境地であり、魅力であると感じたが、今回はちょっと違った。

ドライブモードの硬軟にかかわらず、ステアリングはイニシャルの操舵力が少し重めにしつけられている。乗り心地もスポーティーカーらしくややゴツゴツする。標準タイヤは17インチの225ヨンゴーだが、試乗車はオプションの225/40R18(ブリヂストン・ポテンザS001)を履いていた。そのせいかと思って、webCGの記事をチェックすると、以前乗ったGTIとサイズも銘柄も同じだった。とすると、アダプティブシャシーコントロールを備える足まわり全体が以前より締め上げられたということだろう。フツーのGTIも多少クラブスポーツ寄りになったのである。

一方、プラス10psのパワーアップは、はっきりと体感できるほどではない。といっても、十分すぎるほど速い。スロットルを踏み込めば、これがゴルフか!? とたじろぐほどの猛ダッシュをみせる。その場合でもトルクステアのような破綻はみせない。コールドスタート直後にグワっと吠えたりしない常識人ぶりもこれまでどおりだ。

快走する「ゴルフGTI」。ブレーキの制動エネルギーをバッテリーに蓄える回生システムも搭載されている。
快走する「ゴルフGTI」。ブレーキの制動エネルギーをバッテリーに蓄える回生システムも搭載されている。拡大
「ゴルフGTI」のホイールは、標準サイズが17インチ。テスト車には、1サイズ大きな18インチのもの(オプション)が装着されていた。
「ゴルフGTI」のホイールは、標準サイズが17インチ。テスト車には、1サイズ大きな18インチのもの(オプション)が装着されていた。拡大
「ゴルフGTI」の前席。背もたれと座面は、これまでのGTIと同様、タータンチェック柄のファブリックでドレスアップされる。
「ゴルフGTI」の前席。背もたれと座面は、これまでのGTIと同様、タータンチェック柄のファブリックでドレスアップされる。拡大
赤いステッチが入れられた、GTI専用の本革巻きステアリングホイール。スポーク部には、クルーズコントロール機能やマルチインフォメーションディスプレイの操作スイッチが並ぶ。
赤いステッチが入れられた、GTI専用の本革巻きステアリングホイール。スポーク部には、クルーズコントロール機能やマルチインフォメーションディスプレイの操作スイッチが並ぶ。拡大

自慢の装備は気になるところも

コックピットでの最初のサプライズは、目の前のメーターだった。アナログ計器がなくなり、液晶のデジタルパネルになった。たまたま直前まで「アウディTTクーペ」に乗っていたので、ゴルフよ、おまえもか! と思った。

テクノロジーパッケージに含まれるアクティブインフォディスプレイは、ナビのマップが広げられるなど、よりインフォーマティブにはなる。だが、スイスの機械式腕時計みたいなシンプルビューティーさを持つGTIのアナログメーターも捨て難い。細かい話をすると、バーチャル式のタコメーターは、アナログ式に比べると、針の動きに鋭さがない。DSGの瞬速シフトを目で知る楽しみが薄れてしまうのは残念だ。

エコからスポーツまで、ドライブモードは4種類。スポーツだと俄然スロットルの“つき”がよくなってGTIドライブが楽しめる。だが、モードを切り替えるにはセンターパネルのボタンを押して、ディスプレイにセレクト画面を呼び出すという二度手間をしいられる。しかもそれは10秒ほどで消えてしまう。ステアリングの手元で切り替えができるアウディより不親切だ。

リバースに入れると、後ろのほうからゴソッという異音が聞こえる。テールゲートのVWエンブレムが開いて、リアカメラが出る音だ。今度のマイナーチェンジで改善されているかと思ったら、直っていなかった。暗い車庫でバックしたりすると、あの音はちょっとコワイ。

液晶表示のメータークラスター。写真のように、カーナビのマップを大きく映し出すことができる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
液晶表示のメータークラスター。写真のように、カーナビのマップを大きく映し出すことができる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)拡大
今回のテスト車は、6段AT(DSG)仕様。シフトレバーの左奥に、走行モードの切り替えスイッチがレイアウトされる。
今回のテスト車は、6段AT(DSG)仕様。シフトレバーの左奥に、走行モードの切り替えスイッチがレイアウトされる。拡大
後席は、中央席の背もたれ部分に、長尺物を積むためのスキーホールが設けられている。
後席は、中央席の背もたれ部分に、長尺物を積むためのスキーホールが設けられている。拡大
「ゴルフGTI」のAT車には、クルーズコントロールとレーンキープアシストを組み合わせた渋滞時追従システムや、歩行者検知機能付きの自動ブレーキシステムが備わる。
「ゴルフGTI」のAT車には、クルーズコントロールとレーンキープアシストを組み合わせた渋滞時追従システムや、歩行者検知機能付きの自動ブレーキシステムが備わる。拡大

リアルな燃費は過去最高

350kmを走って、燃費は11.2km/リッターをマークした。高速道路ではアクティブクルーズコントロールやレーンキープアシストの恩恵にあずかる一方、下道では可能な限りGTIらしく走ってリッター11kmは立派だと思う。いままで試乗したGTIの現実燃費としては最良である。

国境をまたいで「メガーヌ ルノースポール」が仕掛けた“ニュルブルクリンクの戦い”にGTIが参戦しなくてもいいような気もするが、本土防衛のためにはやむを得ない。メガーヌR.S.、「シビック タイプR」による三つどもえの戦いをおもしろがるのも、これからのGTIの楽しみ方だろうか。

外誌の報道などによれば、ゴルフⅧが登場するのは東京オリンピックの年。次期GTIはガソリンエンジンに電動モーターの組み合わせになるという。すでにプラグインハイブリッドの「GTE」はある。GTEだって、体感的にはGTIをかすませるほど速い。どんな形のハイブリッドになるのか、楽しみだが、この情報が正しければ、ゴルフ7.5と呼ばれる新型ゴルフのGTIは、純粋内燃機関最後の“ゲーテーイー”になるわけである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=峰 昌宏/編集=関 顕也)

マイナーチェンジを機に、最高出力が10ps上乗せされた2リッター直4ターボエンジン。アイドリングストップ機能も備わる。
マイナーチェンジを機に、最高出力が10ps上乗せされた2リッター直4ターボエンジン。アイドリングストップ機能も備わる。拡大
荷室は、フロア高が調節可能。後席を前方に倒せば、積載容量を拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
荷室は、フロア高が調節可能。後席を前方に倒せば、積載容量を拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)拡大
ボディーカラーは、テスト車の赤に青、黒、銀、白系を加えた計7色がラインナップされる。
ボディーカラーは、テスト車の赤に青、黒、銀、白系を加えた計7色がラインナップされる。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm
ホイールベース:2635mm
車重:1380kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:230ps(169kW)/4700-6200rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4600rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92Y/(後)225/40R18 92Y(ブリヂストン・ポテンザS001)
燃費:14.6km/リッター(JC08モード)
価格:399万9000円/テスト車=466万3200円
オプション装備:Discover Proパッケージ<フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”[SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレイヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、地デジTV受信、BlueToothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、“Volkswagen Media Control”アプリケーション対応]+ETC2.0対応車載器+Volkswagen Car-Net[“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide&Inform”]>(22万6800円)/テクノロジーパッケージ<デジタルメータークラスター“Active Info Display”+ダイナミックコーナリングライト+ダイナミックライトアシスト+ダークテールランプ+LEDテールランプ[ダイナミックターンインジケーター付き]>(17万2800円)/DCCパッケージ<アダプティブシャシーコントロール“DCC”+225/40R18タイヤ+7.5JX18インチアルミホイール[5スポーク]>(21万6000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<GTI>(4万8600円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:2097km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:352.6km
使用燃料:31.5リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:11.2km/リッター(満タン法)/10.6km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI拡大
6段AT車に限り、タータンチェック柄のファブリックシートのほかに、本革シートがオプション設定される。
6段AT車に限り、タータンチェック柄のファブリックシートのほかに、本革シートがオプション設定される。拡大
エキゾーストパイプは、左右振り分けの2本出し。エンド部にはクロームメッキが施される。
エキゾーストパイプは、左右振り分けの2本出し。エンド部にはクロームメッキが施される。拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事