クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)

カッコだけと侮るなかれ 2017.07.06 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。

クロスオーバーにしては手が込んでいる

セダン、ハッチバック系のメルセデスには、「Sクラス」を頂点として、「Eクラス」「Cクラス」「Bクラス」「Aクラス」というヒエラルキーがある。SUVでも「Gクラス」を筆頭とするヒエラルキーがあるのはご存じのとおりで、別格のGクラスを除けば、「GLS」「GLE」「GLC」、そして今回のGLAという具合に“GL”にクラスを表すアルファベットを組み合わせられるようになったおかげで、その上下関係がわかりやすくなった。

基本設計をAクラスから受け継ぐGLAは、メルセデスのなかでは最もコンパクトなSUVということになる。ただ、他のGLファミリーと明らかに異なるのは、兄貴たちがまごう方なきSUVであるのに対し、このSUVは少し軽めの、いわゆるクロスオーバーという存在であることだ。

クロスオーバーの場合、ベースモデルの地上高を少し上げて、前後バンパーをそれっぽいデザインにするというパターンが一般的だが、このGLAはもう少し手が込んでいる。ベースとなるAクラスの面影がないほどエクステリアデザインは一変しているし、リアオーバーハングも延長されて、ミニワゴンのようなスタイルに変身しているのだ。流行のコンパクトSUV市場を攻略するには、“Aクラスクロスオーバー”ではなく、GLの名にふさわしいキャラクターが必要だったのだろう。

そんなGLAにはメルセデスの期待や意気込みが感じ取れるのだが、このGLAがデビューから3年あまりを経てマイナーチェンジを受けた。先ごろ日本でも販売がスタートしたということで、早速引っ張り出すことにした。

マイナーチェンジ版「メルセデス・ベンツGLA」は、2017年1月のデトロイトショーでお披露目され、日本市場には2017年4月に導入された。
マイナーチェンジ版「メルセデス・ベンツGLA」は、2017年1月のデトロイトショーでお披露目され、日本市場には2017年4月に導入された。拡大
「GLA180」の最低地上高は150mm。ベースとなった「Aクラス」よりも40mm高められている。
「GLA180」の最低地上高は150mm。ベースとなった「Aクラス」よりも40mm高められている。拡大
「Aクラス」と比べてリアオーバーハングが延長され、ミニワゴンのようなスタイリングが与えられている。
「Aクラス」と比べてリアオーバーハングが延長され、ミニワゴンのようなスタイリングが与えられている。拡大
注目の記事PR
  • だから「N-BOX」は売れる! 日帰りドライブでわかった注目すべき長所をリポートする。
    だから「N-BOX」は売れる! 日帰りドライブでわかった注目すべき長所をリポートする。 ホンダカーズ東京中央
注目の記事一覧へ

より押し出しの強いデザインに

今回試乗したのはエントリーグレードの「GLA180」。GLAのラインナップでは唯一のFF仕様だ。

GLAを運転するのはデビュー直後の試乗会以来だから、およそ3年ぶりということになる。久しぶりのGLAは、“パンチドグリル”と呼ばれる、穴のあいたラジエーターグリルや、大型のベゼルで強調されたフォグランプなどが効いているのだろう、これまで以上に派手というか、押しの強い印象になった。SUVの機能性よりも、まずは見た目という人には、うれしい変更だ。

一方、インテリアデザインは、Aクラスと基本的には共通の見慣れたものだが、オプション装備満載の試乗車は、アルミのインテリアトリムや人工皮革のシートなどを用いたことで、ひとクラス上のモデルのように感じられる。標準では6スピーカーのオーディオが、harman/kardonの12スピーカーに変更されているのも、音楽好きには響くポイントだろう。

センタークラスターやその上にあるモニターなどのデザインに変更はないが、この部分をドライバーに向けてデザインしているクルマが多い昨今、そうしないGLAのデザインには多少違和感があった。違和感といえば、重箱の隅をつつくようでなんだが、メーターに表示される日本語フォントがあまり美しくなく、せっかくの雰囲気に水をさしているのが残念。世のメルセデスオーナーは、こんな細かいことはあまり気にしないのだろうか?

今回のマイナーチェンジで最も大きな変更を受けたのはフロントマスク。穴のあいた“パンチドグリル”やアンダーガードを装着し、よりSUVらしい力強さを感じさせるデザインとされた。
今回のマイナーチェンジで最も大きな変更を受けたのはフロントマスク。穴のあいた“パンチドグリル”やアンダーガードを装着し、よりSUVらしい力強さを感じさせるデザインとされた。拡大
リアコンビランプには、内部でラメ状のものがキラキラと反射する“クリスタルルック”を採用した。デザイン性の向上と同時に、視認性も高める効果がある。
リアコンビランプには、内部でラメ状のものがキラキラと反射する“クリスタルルック”を採用した。デザイン性の向上と同時に、視認性も高める効果がある。拡大
インテリアについては、基本的に従来型と変わっていない。ダッシュボード前面のシルバーの加飾は、セットオプションの「ベーシックパッケージ」に含まれるもので、標準ではブラック仕上げとなる。
インテリアについては、基本的に従来型と変わっていない。ダッシュボード前面のシルバーの加飾は、セットオプションの「ベーシックパッケージ」に含まれるもので、標準ではブラック仕上げとなる。拡大
メーターはシンプルな2眼式を採用。センターには各種情報を表示できる液晶パネルを備えるが、日本語フォントなどの表示は少し粗め。
メーターはシンプルな2眼式を採用。センターには各種情報を表示できる液晶パネルを備えるが、日本語フォントなどの表示は少し粗め。拡大

洗練された乗り心地

それはさておき、早速走りだすと、その乗り心地の良さに驚かされる。オンロード向けのSUVやクロスオーバーでは、高い車高により起こるピッチングやロールを抑えようと足まわりを固めた結果、乗り心地にしわ寄せがくることが珍しくない。これを解消するために、エアサスペンションや電子制御ダンパーを用いるクルマもあるが、このGLA180にはいずれもないだけに、揺れが大きいのか、硬い乗り心地なのか心配だった。

ところが予想はいい意味で裏切られ、GLA180はボディーの揺れをうまく抑え込み、落ち着いた動きを見せながら、硬さを感じさせない快適な乗り心地を実現していたのだ。その印象は、一般道はもちろんのこと、高速道路を100km/h程度で巡航する場面でも変わらず、そのバランスの良さが際立っていた。

122psと200Nmを発生する1.6リッター直列4気筒ターボエンジンは、アクセルペダルを浅く踏む場面ではエンジンがあまり反応しないというメルセデスの伝統に戸惑うこともあったが、もちろんその性能に不満はない。7段のデュアルクラッチトランスミッションもスムーズで快適である。

今回のマイナーチェンジで緊急ブレーキの「アクティブブレーキアシスト」と、ドライバーの眠気や疲労を検知して注意を促す「アテンションアシスト」が「GLA」全車に標準装備となった。試乗車にはさらに、アダプティブクルーズコントロールなどをセットにしたオプション「レーダーセーフティパッケージ」が装着されていた。
今回のマイナーチェンジで緊急ブレーキの「アクティブブレーキアシスト」と、ドライバーの眠気や疲労を検知して注意を促す「アテンションアシスト」が「GLA」全車に標準装備となった。試乗車にはさらに、アダプティブクルーズコントロールなどをセットにしたオプション「レーダーセーフティパッケージ」が装着されていた。拡大
搭載される1.6リッター直4ターボエンジンは、122psと200Nmを発生。不満のない加速性能を発揮する。
搭載される1.6リッター直4ターボエンジンは、122psと200Nmを発生。不満のない加速性能を発揮する。拡大
山間のラフロードを行く「GLA180」。
山間のラフロードを行く「GLA180」。拡大

使い勝手の良さが魅力

Aクラスをベースとしながら、リアオーバーハングを伸ばしたGLAだけに、使い勝手の点ではAクラスを上回る。例えば、Aクラスのラゲッジスペースは341リッターとやや狭いのが弱点であった。その点、GLAはリアオーバーハングがAクラスよりも125mm長いだけに、ラゲッジスペースは421リッターと余裕がある。しかも、テールゲートは電動で、リアの開口部が広いことから、荷物の積み降ろしも断然楽に行えるのだ。

後席は、大人が乗ってもレッグルーム、ヘッドルームともに十分な広さが確保されている。Cピラーが太いため、後席に座ったときに少し圧迫感があるのと、運転席から斜め後ろを見たときの視界が妨げられるのが気になったが、もちろん購入をあきらめるほどの欠点ではない。

クロスオーバーとして存在感のあるデザインが魅力的なGLAであるが、実はAクラスのミニワゴン的存在として、余裕ある室内スペースや使い勝手の良さは見逃せない部分。Cセグメントのハッチバックとして冷静に見ても、機能的でバランスよく仕上がっているだけに、Aクラスではちょっと狭いというファミリーには、オススメのモデルといえる。

(文=生方 聡/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

試乗車は、オプションのベーシックパッケージに含まれる「レザーARTICOシート」を装備していた。標準ではレザーとファブリックのコンビシートが備わる。
試乗車は、オプションのベーシックパッケージに含まれる「レザーARTICOシート」を装備していた。標準ではレザーとファブリックのコンビシートが備わる。拡大
後部座席には、大人が乗っても快適に過ごせるだけの、必要にして十分な室内空間が与えられる。
後部座席には、大人が乗っても快適に過ごせるだけの、必要にして十分な室内空間が与えられる。拡大
荷室の容量は標準で421リッター。リアのシートバックをすべて倒すと、1235リッターまで拡大できる。
荷室の容量は標準で421リッター。リアのシートバックをすべて倒すと、1235リッターまで拡大できる。拡大
オプションの「プレミアムパッケージ」に含まれるパノラミックスライディングルーフ。挟み込み防止機能を備えている。
オプションの「プレミアムパッケージ」に含まれるパノラミックスライディングルーフ。挟み込み防止機能を備えている。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツGLA180

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4430×1805×1510mm
ホイールベース:2700mm
車重:1510kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:122ps(90kW)/5000rpm
最大トルク:200Nm(20.4kgm)/4000rpm
タイヤ:(前)235/50R18 97V/(後)235/50R18 97V(ダンロップSP SPORTMAXX GT)
燃費:16.4km/リッター(JC08モード)
価格:398万円/テスト車=515万1440円
オプション装備:レーダーセーフティパッケージ<ブラインドスポットアシスト+ディスタンスパイロット・ディストロニック+レーンキーピングアシスト+PRE-SAFE>(19万9000円)/ベーシックパッケージ<レザーARTICOシート+レザーARTICOドアパネル+クライメートコントロール+バナジウムシルバーペイント 18インチ5スポークアルミホイール+シルバールーフレール+シルバーバンパー+ブロックデザインアルミニウムインテリアトリム>+プレミアムパッケージ<メモリー付きフルパワーシート[前席]+電動ランバーサポート[前席]+アームレスト[後席]+トランクスルー機能+リバースポジション機能付きドアミラー[助手席側]+サングラスケース+12V電源ソケット[ラゲッジルーム]+アンダーシートボックス+シートバックポケット+カップホルダー[後席]+アンビエントライト[マルチカラー、ウエルカムファンクション機能付き]+harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム+パノラミックスライディングルーフ[挟み込み防止機能付き]>(71万円 ※ベーシックパッケージを含む金額) ※以下、販売店オプション AMGフロアマットプレミアム(5万7240円)/COMANDシステムナビゲーションフルセット(20万5200円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:3169km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:405.0km
使用燃料:29.8リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:13.8km/リッター(満タン法)/13.3km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツGLA180
メルセデス・ベンツGLA180拡大
 
メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
GLAメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事