第3回:ファミリーセダンとしての実力は?
スーザン史子さんが語る「CTS」の日常性能

2017.07.03 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
新しい「キャデラックCTS」と。今日は家族5人でわが家の夏の風物詩、梅もぎに出かけます。
新しい「キャデラックCTS」と。今日は家族5人でわが家の夏の風物詩、梅もぎに出かけます。

マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化した「キャデラックCTS」。その実力を日常的なシーンを通じてさまざまな角度から4回に分けてリポートする。第3回はモータージャーナリストのスーザン史子さんが登場。新しいCTSの日常性能を女性の目線で語ってもらった。

親戚のお宅に到着! 「カッコイイので来たね~」と伯母さんも喜んでくれました。
親戚のお宅に到着! 「カッコイイので来たね~」と伯母さんも喜んでくれました。
今年も大豊作! ジュースにしようかジャムにしようか……。
今年も大豊作! ジュースにしようかジャムにしようか……。
息子も小さい手でたくさん採りました。
息子も小さい手でたくさん採りました。
デザインコンセプトである「アート&サイエンス」を体現した美しいフォルム。真横から眺めると、まるでベールの裾が広がっているように見え、とってもエレガント。このデザインは女子にもキュンときます。
デザインコンセプトである「アート&サイエンス」を体現した美しいフォルム。真横から眺めると、まるでベールの裾が広がっているように見え、とってもエレガント。このデザインは女子にもキュンときます。
久しぶりのキャデラック車にドキドキ。
久しぶりのキャデラック車にドキドキ。

CTSで梅もぎにGO!

スーザン家の夏の風物詩といえば、梅もぎ。毎年、クルマで約1時間の場所にある親戚の伯母さんの家まで家族5人で出かけます。今回は、なんとキャデラックCTSで! 見たこともない高級車を前に、息子はもう大はしゃぎ。そんななか、「キャデラックっていうからよ、どんだけデケーのかと思ったけど、そうでもねーなー」と目を丸くしたのは江戸っ子で戦前生まれの義父。テールフィンのついた派手でビッグなクルマをイメージしてたようだけど、乗りやすそうなCTSを見て、すっかり安心したようです。

キャデラックと聞いて、そんな昔のイメージに重ね合わせる方もいるかもしれませんが、CTSはアメリカ車といっても、そこまでメチャメチャ大きいわけじゃありませんよ。「トヨタ・クラウン」と比べると、全長で75mm、全幅で40mm、全高で15mm大きい程度。

一方、室内はわりあいタイトで、大人4人に子ども1人でジャストサイズ。これで本当に体格のいいアメリカの人たちが5人座れちゃうのってぐらい、日本人にフィットしてます。ドライブトレインはFRがベースの4WDなので、フロアトンネルが盛り上がっています。これはキャデラックに限った話ではないのですが、後席ではそれを足でまたがなくちゃならないのが、ファミリーカーとして5人乗車するときにはちょっと面倒ではありますね。

実を言えばキャデラックって、これまであまり縁のなかったブランド。でもあらためて見た瞬間に、ビビッときちゃいましたよ。バリッと押し出しの強いフロントグリルや、堂々とした体躯(たいく)。特に、サイドビューには、セダンというものを見直したくなる美しさがあります。フロントとリアのセンターが山型に尖(とが)った、キャデラック伝統のデザインなど、全体的にハッとするような華やかさがある。これがアメリカンラグジュアリーなんですね!

さあ、どんなクルマなのか楽しみです。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら