クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フルモデルチェンジしたカムリを知る

情熱と感動がよみがえる 2017.07.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルミッドサイズセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全装備を併せ持つ、最新モデルがデビューした。

80年代はクルマが最も熱い時代だった

今、80年代に再び注目が集まっている。いわゆるバブル期であり、日本中が活気にあふれていた時代だ。DCブランドのファッションがもてはやされ、テレビではトレンディードラマが都会的な恋愛とライフスタイルを描いて高視聴率を連発した。女子大生ブーム、女子高生ブームが相次いで起きたのもこの時期である。イタリアンレストランが満員になり、日本人はパスタという言葉を初めて知った。ベストセラーになった田中康夫の『なんとなく、クリスタル』は、具体的なおしゃれアイテムをストーリーに取り入れて時代の空気を正確に映し出していた。

祭りが終わった後の沈滞期が長かったせいで、2000年代に入ってからはあの狂騒がネガティブな印象で語られてしまった。でも、今になって冷静に振り返れば80年代は刺激と創造性に満ちた時代だったことがわかる。戦後がむしゃらに成長を目指してきた日本は、気がつくと世界の先頭を走っていた。自信を持ち、余裕が出てきたことで、魅力的な商品やサービスが登場するようになったのである。

その中心にあったのは、間違いなくクルマだった。日本車の品質は世界最高レベルに達し、生産台数が増加して輸出が拡大した。日本で生まれたカムリも、海外生産が始まり、北米で大人気となる。日本国内では、人々はクルマが生活必需品である以上に個性を表現する手段だということに気づいていく。カッコいいクルマを求める声に呼応するように、斬新なスタイルを持つ高性能なモデルが次々と生み出されていた。

1987年に公開された映画『私をスキーに連れてって』では、凍結した雪道をものともせずに快走する「セリカGT-FOUR」が観客を驚かせた。スキー人気が高まっただけでなく、スキー場まで4WDのクルマに乗っていくことがステータスとなったのだ。若者のカルチャーの先頭にクルマがいた。「ソアラ」「MR2」「マークII」などは憧れの存在で、新車が発表されるたびに熱狂の渦が巻き起こった。

1980年代の自動車雑誌には、「トヨタ・ソアラ」をはじめとするスペシャルティーカーや、“シーマ現象”に象徴される高級車の話題が多く見られる。「ハイソカー」「アッシー」などの流行語も生まれた。写真は、当時発行された『NAVI』(二玄社刊)の誌面。
1980年代の自動車雑誌には、「トヨタ・ソアラ」をはじめとするスペシャルティーカーや、“シーマ現象”に象徴される高級車の話題が多く見られる。「ハイソカー」「アッシー」などの流行語も生まれた。写真は、当時発行された『NAVI』(二玄社刊)の誌面。拡大
『私をスキーに連れてって』(1987年)はホイチョイ・プロダクション製作の第1回作品で、トレンディードラマの手法を応用した恋愛映画。原田知世が着ていた白いスキーウエアが人気となり、劇中で流れたユーミンの『恋人はサンタクロース』も大ヒットした。(写真提供=ポニーキャニオン)
『私をスキーに連れてって』
発売元:フジテレビ・小学館・ポニーキャニオン
販売元:ポニーキャニオン
価格:DVD 3000円(本体)+税
(C)1987フジテレビ・小学館
『私をスキーに連れてって』(1987年)はホイチョイ・プロダクション製作の第1回作品で、トレンディードラマの手法を応用した恋愛映画。原田知世が着ていた白いスキーウエアが人気となり、劇中で流れたユーミンの『恋人はサンタクロース』も大ヒットした。(写真提供=ポニーキャニオン)
	『私をスキーに連れてって』
	発売元:フジテレビ・小学館・ポニーキャニオン
	販売元:ポニーキャニオン
	価格:DVD 3000円(本体)+税
	(C)1987フジテレビ・小学館拡大
「トヨタ・セリカGT-FOUR」。1986年に発売された4WDのスペシャルティーカー。世界ラリー選手権(WRC)に投入され、1990年には日本車初のドライバーズタイトルをもたらした。『私をスキーに連れてって』の劇中車としても知られる。
「トヨタ・セリカGT-FOUR」。1986年に発売された4WDのスペシャルティーカー。世界ラリー選手権(WRC)に投入され、1990年には日本車初のドライバーズタイトルをもたらした。『私をスキーに連れてって』の劇中車としても知られる。拡大

今だってワクワクできる

クルマが最も輝いていた時代……。懐かしく思うだけではつまらない。80年代のスピリットは、今も健在だった。新型カムリである。フルモデルチェンジを受けたトヨタのベストセラーセダンは、“あの頃”の記憶を呼び覚ます。もちろん、80年代のリバイバルではない。最新のテクノロジーとデザイン手法を盛り込み、ワクワクする気持ちを思い起こさせる新時代のモデルなのだ。

新型カムリは、スポーツカーではない。でも、ワイド&ローのスタイルから感じ取れるのは、このクルマが最高のスポーツマインドを持っているという事実だ。低く構えたフォルムを見ただけで、スポーティーな走りを予感する。実際にエンジンフード高は先代より40mm下げられており、全高も25mm低くなっている。それにともなってドライバーのヒップポイントも20mm下がった。低重心化によって、運動性能の向上が図られているのだ。

フロントビューは進化したキーンルックでワイドなスタンスが強調され、LEDヘッドランプの作り出すシャープな表情が、走りのセダンであることを主張する。サイドから見れば、低いベルトラインで表現された躍動感あふれる低重心フォルムが目をとらえる。ショルダーが強く張り出したリアビューは、走り抜けた姿を背後から見た者に強い印象を残すだろう。80年代に若者をとらえたクーペやスポーツカーと同じ種類のアグレッシブな空気をまとっている。

運転席に乗り込んだドライバーは、目の前に広がるビジュアルに興奮を隠せないはずだ。視認性を優先した2眼メーターは古典的なスポーティーさを感じさせ、間のマルチインフォメーションディスプレイには有用な情報が示される。センタークラスターパネルは大胆な造形で、先進性をひと目でわからせるエッジの効いたデザインだ。心地よいタイトさを感じさせながら、視界の良さが開放的な印象を生み出している。

新型「トヨタ・カムリ」は、日本では2017年7月10日にデビューした
(Photo:G。ボディカラーはアティチュードブラックマイカ<218>。オプション装着車。)


	新型「トヨタ・カムリ」は、日本では2017年7月10日にデビューした
	(Photo:G。ボディカラーはアティチュードブラックマイカ<218>。オプション装着車。)
	拡大

LEDのみで構成される「Bi-Beam LEDヘッドランプ」。スポーティーな「カムリ」の表情にさらなる個性を与える。


	LEDのみで構成される「Bi-Beam LEDヘッドランプ」。スポーティーな「カムリ」の表情にさらなる個性を与える。
	拡大

スポーティーでありながら広がり感が得られるようにデザインされたインテリア。前方視界のよさもセリングポイントとなっている。
(Photo:G。内装色はブラック。オプション装着車。)


	スポーティーでありながら広がり感が得られるようにデザインされたインテリア。前方視界のよさもセリングポイントとなっている。
	(Photo:G。内装色はブラック。オプション装着車。)
	拡大
包み込まれるようなフィット感を特長とするフロントシート。
(Photo:G“レザーパッケージ”。内装色はブラック。)
包み込まれるようなフィット感を特長とするフロントシート。
	(Photo:G“レザーパッケージ”。内装色はブラック。)拡大

フルTNGAがスポーティーな走りを実現

低重心フォルムを可能にしたのは、TNGAの優れたプラットフォームである。TNGAとは「Toyota New Global Architecture」の略称で、トヨタが取り組む新しいクルマづくりの構造改革のことだ。機能横断的で一体的な開発を進め、基本性能や商品力の飛躍的向上を目指している。4代目「プリウス」で初めて取り入れられ、続々とトヨタのラインナップに広がっていくことが予定されている。

TNGAでゼロからすべてを見直すことができたので、デザイナーは思うがままにワイド&ローな造形を追求した。発想の幅が広がり、セダンでありながらクーペのような流麗なスタイルに仕上げることができたのだ。広い室内空間を保ちながら、全高を下げるという離れ業を実現している。エンジン搭載位置をはじめ、部品の最適配置により、伸びやかなプロポーションが生まれた。

TNGA効果は、見た目以上に走りの面で発揮されている。軽量で高剛性なシャシーは、デザインと走りの両面に恩恵をもたらす。重心が低くなれば車体の安定感は増し、地面に張り付くような走行が可能になる。横揺れが少なくなることで、乗り心地の向上にもつながるのだ。TNGAプラットフォームは重量バランスが最適化されているので、高速でスムーズなコーナリングが実現した。80年代に憧れたスポーツカーの走りを、今はセダンのカムリで味わうことができる。

新型カムリでは、これまでとは違う新たな挑戦が行われた。ALL NEW TNGAモデルなのだ。エンジンにもTNGAの思想が取り入れられ、パワーユニットが全面的に刷新された。初めてのフルTNGAモデルとなったのが、新型カムリである。

モデルチェンジを機に、全長が35mm、ホイールベースが50mm拡大された新型「カムリ」。さらにルーフを後方に延長するなどして、ゆとりある室内空間を実現した。
(Photo:X。ボディカラーはアティチュードブラックマイカ<218>。)
モデルチェンジを機に、全長が35mm、ホイールベースが50mm拡大された新型「カムリ」。さらにルーフを後方に延長するなどして、ゆとりある室内空間を実現した。
	(Photo:X。ボディカラーはアティチュードブラックマイカ<218>。)拡大
前席のヒップポイントは、先代モデルより20mmダウン。良好な居住性を確保しつつ、低重心化が図られている。
(Photo:G“レザーパッケージ”。内装色はブラック。オプション装着車。)
前席のヒップポイントは、先代モデルより20mmダウン。良好な居住性を確保しつつ、低重心化が図られている。
	(Photo:G“レザーパッケージ”。内装色はブラック。オプション装着車。)拡大
新型「カムリ」のエクステリアデザインでは、セダンとしての実用性を確保しながら、クーペが持つ「官能的な動感」が追求されている。
(Photo:G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。オプション装着車。)
新型「カムリ」のエクステリアデザインでは、セダンとしての実用性を確保しながら、クーペが持つ「官能的な動感」が追求されている。
	(Photo:G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。オプション装着車。)拡大

最新技術がもたらす環境性能と安全性

DYNAMIC FORCE ENGINEと名づけられた新型2.5リッターエンジンは、最大熱効率41%を実現している。組み合わされるのは、新世代ハイブリッドシステムの「THS II(Toyota Hybrid System II)」。211psのシステム最高出力(エンジンとモーターにより、動力性能として発揮できる出力。社内算定値)を得ながら、33.4km/リッター(JC08モード。燃料消費率<国道交通省審査値>。数値は「X」グレードの場合)という驚くべき低燃費だ。スポーティーな走りと環境性能の両立は、80年代から確実に進化した部分だろう。

無邪気にハイパワーがもてはやされたあの頃と違い、現在では環境対応力がクルマの重要な性能になった。新型カムリはDYNAMIC FORCE ENGINEとTHS IIを組み合わせることによって、かつてのスポーツカー並みのパワーを手に入れながら環境負荷を最小限に抑えている。最新のテクノロジーを惜しみなくつぎ込んだ成果だ。クルマの性能が劇的に向上するのを目の当たりにしていた80年代と同様に、現在進行系の技術進化に心が躍る。

長足の進歩を遂げたテクノロジーがもう一つある。安全技術だ。80年代はシートベルトが義務化されていたものの、エアバッグはまだ普及していなかった。現在ではこれらの衝突安全装備は当然のものとなり、予防安全技術の進化が続いている。新型カムリには最新の安全装備「Toyota Safety Sense P」が標準装備されており、ミリ波レーダーと単眼カメラでクルマや歩行者を認識する。事故回避や衝突被害軽減を支援し、安全性を高めているのだ。

Toyota Safety Sense Pには、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールが組み込まれている。新型カムリはさらにインテリジェントクリアランスソナー(リヤクロストラフィックオートブレーキ機能付)、リヤクロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニターも設定されているという充実ぶりだ。スポーティーな走りと安全性を両立するのが現代の高性能車なのである。

新型2.5リッター直列4気筒エンジンをベースとするハイブリッドユニット。JC08モードの燃費値は、先代モデルの25.4km/リッターを大幅に上回る33.4km/リッターを記録する。
新型2.5リッター直列4気筒エンジンをベースとするハイブリッドユニット。JC08モードの燃費値は、先代モデルの25.4km/リッターを大幅に上回る33.4km/リッターを記録する。拡大
新型「カムリ」は、先進の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備。駐車時や車線変更時の事故を防ぐための運転支援機能もオプション設定される。
(Photo:G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。オプション装着車。)
新型「カムリ」は、先進の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備。駐車時や車線変更時の事故を防ぐための運転支援機能もオプション設定される。
	(Photo:G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。オプション装着車。)拡大
トランスミッションは、マニュアル感覚のシフト操作を可能とする「シーケンシャルシフトマチック」を採用。
(Photo:G。内装色はブラック。)
トランスミッションは、マニュアル感覚のシフト操作を可能とする「シーケンシャルシフトマチック」を採用。
	(Photo:G。内装色はブラック。)拡大

メーターパネルの中央には、7インチのカラー液晶を採用したマルチインフォメーションディスプレイが備わる。カーナビや燃費の情報に加え、先進安全装備の作動状況なども表示される。
(Photo:G“レザーパッケージ”。オプション装着車。)


	メーターパネルの中央には、7インチのカラー液晶を採用したマルチインフォメーションディスプレイが備わる。カーナビや燃費の情報に加え、先進安全装備の作動状況なども表示される。
	(Photo:G“レザーパッケージ”。オプション装着車。)
	拡大

あの頃の夢をかなえる新型セダン

80年代は、確かにクルマが熱かった。誰もがクルマに憧れたが、高性能車は高嶺(たかね)の花で簡単には手が届かなかった。悔しい思いを胸に抱えたまま、若者は大人になっていく。思い出は今も美しいが、もはやノスタルジーに浸っている必要はない。熱いクルマは、今、ここにある。新型カムリは、あの頃の思いを受け止めてくれる。

スポーティーな走りと鮮烈なスタイルが、感動と情熱をよみがえらせるのだ。年を経て大人になっても、クルマに対する思いは変わっていない。かつて憧れたモデルを彷彿とさせる走りが、今だから手に入る。しかも、仕立ては当時よりも上質で、実用性も高い。あの頃の思いを呼び覚ますだけではない。新型カムリは未来志向のクルマなのだ。

80年代に青春時代を送ったかつての若者に、熱い気持ちを思い起こさせるのが新型カムリである。伸びやかなフォルムをまとったボディに、湧き上がるようなパワーを秘めている。「BEAUTIFUL MONSTER」の名がぴったりなクルマなのだ。

クルマを見てワクワクし、クルマに乗ってドキドキする。あの頃手に入らなかったものが、圧倒的な進化を遂げて目の前にある。80年代カルチャーの最良の部分が、時の流れを経て形となった。今こそが熱い時代なのだと、新型カムリは教えてくれる。

軽量・高剛性なボディや新開発サスペンションにより、「意のままに操れる操舵フィーリング」が追求されている。
(Photo:G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。トヨタ純正用品<販売店取付>装着車。)
軽量・高剛性なボディや新開発サスペンションにより、「意のままに操れる操舵フィーリング」が追求されている。
	(Photo:G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。トヨタ純正用品<販売店取付>装着車。)拡大
広々とした居住空間が確保された後席。
(Photo:G“レザーパッケージ”。内装色のベージュは設定色。)
広々とした居住空間が確保された後席。
	(Photo:G“レザーパッケージ”。内装色のベージュは設定色。)拡大
ワイド&ローなたたずまいを見せるリアビュー。「カムリ」の安定した走りを印象づける。
(G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。オプション装着車。)
ワイド&ローなたたずまいを見せるリアビュー。「カムリ」の安定した走りを印象づける。
	(G“レザーパッケージ”。ボディカラーのエモーショナルレッド<3T7>はメーカーオプション。オプション装着車。)拡大