ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ

2017.07.06 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアR.S.」
「ルノー・ルーテシアR.S.」

ルノー・ジャポンは2017年7月6日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。
フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。

今回のマイナーチェンジでは、主に外装のブラッシュアップが行われ、よりアグレッシブさを増したデザインとされた。また、従来の「シャシースポール」と「トロフィー」に加え、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された

最も大きな変更を受けたのはフロントフェイスで、ヘッドランプがフルLED化され、ルノーを象徴するCシェイプLEDも搭載された。さらにチェッカードフラッグ模様をモチーフにデザインされ、ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する「R.S.ビジョン」と、新デザインのフロントバンパーが採用された。

シートについても改良が加えられ、表皮がより滑りにくいデザインへと変更された。また、ヘッドレストにはR.S.のロゴが赤く刺しゅうされる。

新グレードのシャシーカップについては、最高出力200ps、最大トルク240Nmはシャシースポールと同等。シャシーは、比較的コンフォートなシャシースポールと、最もハードなトロフィーの中間となるようセッティングされる。また、18インチアロイホイール(R.S.ロゴ入り、ノワール)やオートエアコン、7インチタッチスクリーンなど、一部装備にトロフィーと同等のものが与えられる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ルーテシアR.S.シャシースポール:284万円
  • ルーテシアR.S.シャシーカップ:309万円
  • ルーテシアR.S.トロフィー:329万円

(webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • アルファ・ロメオ、新型「ジュリア」を9月6日に発売 2017.8.10 自動車ニュース FCAジャパンが新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」を9月6日に発売する。ジュリアはアルファ・ロメオにとって久々のFRのスポーツセダンで、2015年6月にイタリアで発表されている。
ホームへ戻る