第150回:フランスを旧車でめぐるグルメと恋の旅
『ボンジュール、アン』

2017.07.06 読んでますカー、観てますカー

コッポラファミリーの新人がデビュー

安藤サクラが第一子を出産した。芸能界にとっては、とてもめでたい。何年後になるかはわからないが、この子が俳優の道を志す可能性は非常に高いと思われるからだ。彼女は日本で有数の芸能一家に属している。父は奥田瑛二、母は安藤和津だ。夫は柄本 佑で、義父と義母が柄本 明・角替和枝夫妻、柄本時生は義弟にあたる。姉は映画監督の安藤桃子だから、一家だけで作品が作れてしまう。

アメリカにはもっとスケールの大きい芸能一家が存在する。コッポラファミリーだ。大監督のフランシス・コッポラを中心とする家系図は、華やかな名前で彩られている。父カーマイン、母イタリア、叔父アントンは音楽家。妹は「エイドリア~ン!」のタリア・シャイアで、彼女の息子がジェイソン・シュワルツマンだ。兄のオーガストはさほど有名ではないが、その息子はニコラス・ケイジである。

娘のソフィアは『ヴァージン・スーサイズ』や『ロスト・イン・トランスレーション』などの作品で、映画監督として父に劣らない評価を得た。フランシスは、彼女の監督作をプロデューサーとしてサポートしている。最近はワイナリーの経営のほうが本業になっているようにも見えていたのだが、やはり映画はコッポラ家のファミリービジネスなのだ。

コッポラ家から、また新たに映画監督が生まれた。エレノア・コッポラである。ソフィアの妹、ではない。お母さん、つまり、フランシスの奥さんだ。御年80歳でのデビュー作が『ボンジュール、アン』である。

the photographer Eric Caro
the photographer Eric Caro
 
第150回:フランスを旧車でめぐるグルメと恋の旅『ボンジュール、アン』の画像
 
第150回:フランスを旧車でめぐるグルメと恋の旅『ボンジュール、アン』の画像
 
第150回:フランスを旧車でめぐるグルメと恋の旅『ボンジュール、アン』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事