第49回:謎のメチャ軽ステアリング(その1)

2017.07.11 カーマニア人間国宝への道

赤い玉がコロン

恐ろしいほど軽いステアリング含め、すべてがとんでもなくスバラシイ赤い玉号こと「328GTS」だが、先日大事件が起きました!
 
なんと、本当に赤い玉が出たのです……。クルマではなく私に。

一応説明しておきますと、赤い玉(あるいは赤玉)とは、最後にコロンと出て「男の夜の方が終わる」といわれるモノです。もちろん民間伝承、あるいは迷信とでも申しましょうか。笑い話の類いだと思ってましたが、それが出たのです!

早朝4時頃。私はお小水がしたくなり、トイレに起きました。そして致したところ、最後の方で痛みを感じ、強烈な残尿感が。

寝ぼけまなこをこすりながら「これはおかしい」と思い、再度トイレに行きまして、座って致してみました。

するとなんと! お小水が真っ赤! しかも最後に赤い玉が3個もおぉぉぉぉぉぉ!

正確には玉ではないですね。小さな血のカタマリです。お食事中の皆さま、申し訳ございません。しかしこれを報告しないわけにはいかない。だって赤い玉号を買ったら赤い玉が出たんだから!

朝、ダッシュで病院に行って尿検査を受けた結果はぼうこう炎。抗生剤を飲んだら治りました。頻尿も残尿感も赤い玉も止まりました。

医学的には、加齢(55歳)と軽い熱中症で抵抗力が落ちていたことに原因があると推測されますが、なんにせよ赤い玉が出たことは事実。おそるべし赤い玉号のパワー……。私はいま、名実ともに赤い玉号に乗る資格を得た感動でいっぱいです!

これは大事件だ!(写真=池之平昌信)
これは大事件だ!(写真=池之平昌信)
なんと筆者の身に“赤い玉”が!(写真=池之平昌信)
なんと筆者の身に“赤い玉”が!(写真=池之平昌信)
もしや「男の夜の方の終わり」なのか!?(写真=池之平昌信)
もしや「男の夜の方の終わり」なのか!?(写真=池之平昌信)
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事