「ホンダ・グレイス」がマイナーチェンジでより安全に

2017.07.06 自動車ニュース
「ホンダ・グレイス ハイブリッドEX Honda SENSING」
「ホンダ・グレイス ハイブリッドEX Honda SENSING」

本田技研工業は2017年7月6日、コンパクトセダン「ホンダ・グレイス」をマイナーチェンジし、7月7日に発売すると発表した。

 
「ホンダ・グレイス」がマイナーチェンジでより安全にの画像
「グレイス ハイブリッドEX Honda SENSING」のインテリア。
「グレイス ハイブリッドEX Honda SENSING」のインテリア。
運転支援システム「ホンダセンシング」の作動イメージ。ホンダセンシングには新たに、専用のカメラで対向車や前走車を検知してハイビーム/ロービームを自動で切り替える「オートハイビーム」機能が盛り込まれた。
運転支援システム「ホンダセンシング」の作動イメージ。ホンダセンシングには新たに、専用のカメラで対向車や前走車を検知してハイビーム/ロービームを自動で切り替える「オートハイビーム」機能が盛り込まれた。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルや前後バンパーのデザインを変更。インラインタイプのLEDヘッドライトも採用(「ハイブリッドLX Honda SENSING」「ハイブリッドEX Honda SENSING」に標準装備)し、よりスポーティーで洗練されたイメージが演出された。ボディーカラーは、新色のブリリアントスポーティブルーメタリックとルナシルバーメタリックを追加。全7色がラインナップされる。

インテリアは、全グレードでシート表皮を一新。フロントマップランプやルームランプにはLEDが採用された。さらに、HondaインターナビをApple CarPlay対応とするなど、スマートフォンとの連携が強化された。

走行性能については、ハイブリッド車の燃費向上がトピック。リッターあたりの燃費値(JC08モード)は、従来の34.4kmから34.8kmへとアップしている。

また、自動ブレーキや車線逸脱抑制、オートハイビームなど9つの機能をセットにした運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を標準またはオプションで設定するなど、安全性能の向上も図られた。

価格は、「LX」(FF/CVT)の176万9040円から「ハイブリッドEX Honda SENSING」(4WD/7AT)の256万9320円まで。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.30 試乗記 ホンダ久々の5ナンバーセダンにして、ハイブリッド専用車の「グレイス」。ホンダが主張するとおり、「フィット」よりいでて「アコード」の価値を提供するコンパクトセダンに仕上がっているのだろうか。FFの最上級グレードに試乗した。
  • 「水野和敏的視点」 vol.85 ホンダ・グレイスHYBRID EX(前編) 2015.1.30 mobileCG 5ナンバーセダンの定番となるか? 水野氏が「ホンダ・グレイス」に試乗。
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.15 試乗記 ホンダから久しぶりに5ナンバーサイズのセダンが登場した。「グレイス」の売りは、手ごろなサイズのボディーでありながら、アッパーミドルクラス並みの居住性が備わること。また、ハイブリッドパワーユニットを搭載し、34.4km/リッターという低燃費を実現したのも自慢だ。最上級の「HYBRID EX」グレードに試乗し、その「セダン力」を探った。
  • ホンダ・グレイス 2014.12.1 画像・写真 ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る