第2回:独創のGT-R
技術とプライドの6気筒エンジン

2017.07.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。

日本グランプリから始まった“スカG伝説”

“スカG伝説”が生まれたのは、1964年の第2回日本グランプリである。1周だけだったが、生沢 徹のドライブするプリンス・スカイラインGTが式場壮吉の「ポルシェ904」の前を走った。ピュアスポーツカーを従えて走る雄姿は人々の目に焼き付けられる。この瞬間から、スカイラインはレースで戦うことを宿命づけられた。

前年の第1回日本グランプリにもスカイラインは参戦している。ほぼノーマル状態の「スカイライン1500」で、レース用に改造されたライバルにはまったく歯がたたなかった。「勝てるクルマを作れ!」と指令され、チューニングに取り組んだのが桜井眞一郎である。彼は初代スカイラインから開発に関わり、1963年に発売された2代目からは開発主管となっていた。その後も7代目までスカイラインに関わることになる。

桜井は1.5リッター直列4気筒エンジンの改良に取り組み、大幅なパワーアップを果たした。すると、2リッタークラスのマシンも仕上げるように指示され、グロリアの直列6気筒エンジンもチューニングした。桜井は、このエンジンをスカイラインに積めば、GTクラスでも勝てるのではないかと考えた。4気筒用のエンジンルームには、大きな6気筒は入らない。鼻先を20cm伸ばして無理やり積みこむことにする。GT-IIクラスではポルシェには敗れたものの2位から6位までを独占する圧倒的な力を見せつけた。

ホモロゲーション取得のために作られた100台は瞬く間に売り切れ、翌年2月にはウェーバー製キャブレターを3連装した125馬力のスカイライン2000GT(S54B)が発売された。一方、レースでの戦いはプロトタイプレーシングカーの「R380」に受け継がれる。エンジンはスカイラインGTのG7型をベースにしたGR8型で、ヘッドをDOHC化して200馬力を得ていた。1966年の第3回日本グランプリではワンツーフィニッシュを果たし、その後も後継モデルの「R381」が1968年の第5回大会で、「R382」が1969年の第6回大会で優勝している。

1964年の第2回日本グランプリにて、式場壮吉の「ポルシェ904」を従えて走る生沢 徹の「プリンス・スカイラインGT」。
1964年の第2回日本グランプリにて、式場壮吉の「ポルシェ904」を従えて走る生沢 徹の「プリンス・スカイラインGT」。拡大
長年にわたり「スカイライン」の開発に携わった桜井眞一郎。写真は1981年のもの。
長年にわたり「スカイライン」の開発に携わった桜井眞一郎。写真は1981年のもの。拡大
「プリンス・スカイライン2000GT」(1965年)。後に圧縮比を落とし、シングルキャブレターとした「GT-A」が登場したことから、既存の仕様は「GT-B」と呼ばれるようになった。
 
「プリンス・スカイライン2000GT」(1965年)。後に圧縮比を落とし、シングルキャブレターとした「GT-A」が登場したことから、既存の仕様は「GT-B」と呼ばれるようになった。
	 拡大
「プリンスR380」
「プリンスR380」拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 第2回:独創のGT-R
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
ホームへ戻る