日産が「フェアレディZ」を一部改良

2017.07.07 自動車ニュース
「日産フェアレディZバージョンST」
「日産フェアレディZバージョンST」拡大

日産自動車は2017年7月6日、「フェアレディZ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大

今回の一部改良では、ヘッドランプとリアコンビランプの輪郭をブラックハウジングで強調し、アウトサイドドアハンドルやリアバンパーの下部をブラックとするなど、エクステリアデザインの一部を変更。さらに、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を設定したほか、「バージョンS」と「バージョンST」にはブラック塗装と切削光輝加工を施した19インチ鍛造アルミホイールを採用した。

走りに関する部分では、新型の高効率クラッチを採用することで、クラッチペダルを軽くするとともに、半クラッチコントロールの操作性を向上させた。

このほかにも、車内からバックドアを開けられる「バックドアアウトサイドオープナースイッチ」を装備したほか、中間膜に遮音層を挟んで遮音性を向上させたフロントガラスを採用することで車内の静粛性を向上。高性能モデルの「NISMO」については、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを装着することで、ロードノイズの1dbの低減(50km/h時)と燃費の改善を実現しているという。

価格は390万7440円から640万1160円。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ日産フェアレディZロードスター自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • 「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売 2014.7.23 自動車ニュース ニスモのスペシャルモデル「フェアレディZ NISMO」のデザインが変更される。
  • 新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!? 2007.3.16 自動車ニュース 2007年4月のニューヨークショーで、スカイライン「G37スポーツクーペ」がデビュー。そこから見えてくる新型「GTR」の姿とは? アメリカからのリポート。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る