新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー

2017.07.10 自動車ニュース
新型「ホンダCR-Vスポーツハイブリッド」
新型「ホンダCR-Vスポーツハイブリッド」拡大

本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。

「CR-Vスポーツターボ」
「CR-Vスポーツターボ」拡大

CR-Vは都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。

今回発表された新型では、1.5リッター直噴ターボを搭載する「スポーツターボ」と、2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載する「スポーツハイブリッド」の2タイプがラインナップ。スポーツターボでは6.2リッター/100km(約16.1km/リッター)、スポーツハイブリッドでは4.8リッター/100km(約20.8km/リッター)という燃費性能を実現している(ともに中国総合燃費モード)。

さらに安全運転支援システム「ホンダセンシング」などを採用し、“都市型SUVの新たなベンチマーク”となるべく、商品力の強化が図られている。

(webCG)

関連キーワード:
CR-Vホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダが新型「CR-V」に関する情報を先行公開 2018.6.8 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月8日、同年夏に発売を予定している新型「CR-V」に関する情報を、同社のウェブサイトで先行公開した。CR-Vは、1995年にSUVの先駆けとして登場。現在は世界160カ国以上で販売される、ホンダを代表するグローバルモデルとなっている。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • ホンダ(四輪) 2017.10.25 画像・写真 本田技研工業は、第45回東京モーターショーの会場において、「スポーツEVコンセプト」「アーバンEVコンセプト」などのコンセプトカーを披露した。その姿を写真で紹介する。
  • 徹底したキープコンセプトは何のため?
    新型「Gクラス」の開発キーマンに話を聞いた
    2018.6.13 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された新型「メルセデス・ベンツGクラス」。“孤高のオフローダー”が、40年ぶりのフルモデルチェンジによって手にしたもの、そして失ったものとは!? 本国ドイツで開発を主導したミヒャエル・ベルンハルト氏に話を聞いた。
  • 40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売 2018.6.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年6月6日、フルモデルチェンジした新型「メルセデス・ベンツGクラス」を発表し、同日より受注を開始した。顧客への納車は8月下旬以降となる見込み。
ホームへ戻る