フェンディとマセラティのコラボモデル登場【フランクフルトショー2011】

2011.09.16 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】フェンディとマセラティによるオープンカー「マセラティ・グランカブリオ フェンディ」登場

独フランクフルトモーターショーに、フェンディとマセラティがコラボレーションした「マセラティ・グランカブリオ フェンディ」が出展された。

マセラティと同郷、つまりイタリアンブランドであるフェンディとのコラボレーションが実現したのは、クラフツマンシップ、テクノロジー、卓越性、伝統など、両ブランドの価値観が共通したことによるものという。

「マセラティ・グランカブリオ フェンディ」は、「グリージョ・フィアンマ・フェンディ」と呼ばれる玉虫色がかったダークグレーの特別色でボディが塗装される。

インテリアでは、ダッシュボード、ドア内側、シフトレバーなどに、「ペルガメーナ・フェンディ」と名付けられたフェンディ伝統のイエローカラーのウッドトリムを採用。イエローのアクセントカラーは、ブレーキキャリパーやヘッドレストの刺しゅうにも採り入れられた。さらにレザーシートのステッチやホイール中央、ボディカバーなどにはフェンディのブランドロゴとして有名な「ダブルF」があしらわれた。
フェンディの最高級レザー“クオイオ ローマ”は、クラスターカバーやシフトレバー、フロアマットの縁どりなどに用いられ、限定版トラベル用ラゲッジバッグとアクセサリーのセットにもこのレザーが採用されているという。

パッセンジャーシート前のダッシュボードと、ソフトトップの両サイドに取り付けられたロゴマークは、フェンディ家3代目のシルヴィア・フェンディが特別に制作したもので、両ブランドのコラボレーションの象徴となっている。

市販予定車とのことだが、日本への割り当てなどは未定だという。

(webCG 本諏訪)

「マセラティ・グランカブリオ フェンディ」
「マセラティ・グランカブリオ フェンディ」

フェンディとマセラティのコラボモデル登場【フランクフルトショー2011】の画像

フェンディとマセラティのコラボモデル登場【フランクフルトショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランカブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る