「レンジローバー ヴェラール」の一般公開イベント開催

2017.07.12 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」の一般公開イベント「THE NEW RANGE ROVER VELAR PREMIERE produced by FRAGMENT」を、2017年7月12日から17日まで東京の有楽町インフォスで開催する。

会場では、新型SUV「レンジローバー ヴェラール」に直接触れることができる。オープニングレセプションでも、大勢の来場者が車両を取り囲んだ。
会場では、新型SUV「レンジローバー ヴェラール」に直接触れることができる。オープニングレセプションでも、大勢の来場者が車両を取り囲んだ。拡大
藤原ヒロシ氏(写真左)は、「暗い森の中で近未来(=ヴェラール)が開ける」というイメージを念頭に、会場を演出したという。右端は、ジャガー・ランドローバーのデザイナー、ジェレミー・ウォーターマン氏。
藤原ヒロシ氏(写真左)は、「暗い森の中で近未来(=ヴェラール)が開ける」というイメージを念頭に、会場を演出したという。右端は、ジャガー・ランドローバーのデザイナー、ジェレミー・ウォーターマン氏。拡大
「レンジローバー ヴェラール」以外のレンジローバー車も展示される。
「レンジローバー ヴェラール」以外のレンジローバー車も展示される。拡大
 
「レンジローバー ヴェラール」の一般公開イベント開催の画像拡大

特別な空間でヴェラールを体感

これは、ランドローバーブランドの新型SUVであるレンジローバー ヴェラールの日本導入にあわせて行われるもの。音楽プロデューサー・藤原ヒロシ氏が主催する「fragment design」が手がけた空間に同車を展示し、その世界観を広く体験してもらおうという試みである。会期中の平日夜間には“バータイム”が設けられ、アルコールも提供される。

イベントのスタートを前に、7月11日にはオープニングレセプションが行われ、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長があいさつ。「われわれはこのクルマに誇りを持っています。これまでのレンジローバー同様、人気を博すものと信じています」などとコメントした。

藤原氏も姿を見せ、ジャガー・ランドローバーのエクステリア担当チーフデザイナーを務めるジェレミー・ウォーターマン氏とのトークショーを披露。「今までSUVを専門に扱ってきたランドローバーが、どんどんアーバンなものを手がけるようになってきたのは面白い」「(ヴェラールは細部までデザインが凝っていて)液晶パネルのフォントまで美しいのがとても印象的」などと評した。

その様子を熱心に見守る大勢のレンジローバーファンの姿もまた、印象に残るものだった。

イベントの場所と会期は、以下の通り。

THE NEW RANGE ROVER VELAR PREMIERE produced by FRAGMENT

場所:有楽町インフォス(東京都千代田区丸の内3-8-3)
日時:2017年7月12日(水)~17日(月・祝)の6日間

  • 12日(水)から14日(金)までは11:30~22:00(20:00~22:00はバータイム)
  • 15日(土)および16日(日)は10:00~19:00
  • 17日(月・祝)は10:00~18:00

※入場は無料。入退出自由。

(webCG 関)

関連キーワード:
レンジローバー ヴェラール ランドローバーイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る