第510回:夫婦愛が一番の原動力?
「パリ・北京トロフィー」のスタートをのぞく

2017.07.14 マッキナ あらモーダ!

パリ・ダカ世代に刺さるイベント

一定の年齢以上のフランス人自動車ファンの特徴として「冒険好き」がある。

それには理由がある。彼らの多くは青年時代、1970年代末から80年代にかけて、「パリ・ダカールラリー」がスタートする元日に、毎年パリのコンコルド広場に集まったという。

知人で1963年生まれのローラン氏は、「当時フランスの少年たちの関心は、まさにラリー一色でした」と回想する。ついでにいえば、彼の奥さんは、会場で偶然出会った人だ。

そうした中、フランスでは今でもパリ・ダカ気分を味わえる一般向けロングドライブ企画が少なくない。

2017年7月9日、日曜日の昼、パリの観光名所「アンヴァリッド(廃兵院)」前に、約30台のヒストリックカーが集結した。「パリ・北京トロフィー2017」のスタートである。

オリジナルは1907年に開催された「北京・パリ大陸横断ラリー」だ。その後ソビエト連邦時代は自由通行が制限されたため、同様のレースは続かなかった。だがベルリンの壁が崩壊した1990年代以降、ヨーロッパ各地のオーガナイザーが、ユーラシア大陸をモダンカーやヒストリックカーで走る企画を次々と実現してきた。

今回のパリ・北京トロフィーは、あるフランスの旅行会社によるものだ。すでに“冒険・ラリーもの”を50本以上も手がけてきた企業で、パリ~北京ルートは2015年に次いで2回目である。

2017年7月9日昼、アンヴァリッド前に集合した「パリ・北京トロフィー2017」の参加車たち。
2017年7月9日昼、アンヴァリッド前に集合した「パリ・北京トロフィー2017」の参加車たち。
参加車両は、広場をぐるっと取り囲むかたちで1時間ほど駐車していた。
参加車両は、広場をぐるっと取り囲むかたちで1時間ほど駐車していた。
参加車両のひとつである「ルノー5ターボ」。
参加車両のひとつである「ルノー5ターボ」。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事