谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)

2017.07.13 mobileCG
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回はマイナーチェンジを受けて230psまで強化された新しい「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に試乗する。最新のデジタルインターフェイスを得て、一段と洗練された“ホットハッチの定番”を、谷口はどう評価するのだろうか?

 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像

目を見張る装備の充実ぶり

フォルクスワーゲン・ゴルフといえばCセグメント・ハッチバックの定番。1974年のデビュー以来、世界中で3300万台以上が生産され、75年に発売された日本でも累計85万台以上が販売された「わが国でもっとも親しまれている輸入車」である。

もっとも、ただのおとなしいファミリーカーにとどまらないところがゴルフのユニークな点で、誕生当時から常にそのイキのいい走りが高く評価されてきた。これを受けてスポーツ性能をさらに研ぎ澄ませたゴルフGTIを投入したところ、これもまた世界的なヒット作となり、「ホットハッチの定番」として人気を博したことはご存じのとおりである。

ただし、広く愛されるべき存在であるがゆえに奇抜な部分は皆無に等しく、どちらかといえばやや地味に映ることも否定できない。この日、いの一番にゴルフに試乗することになったのも、谷口が口にした「あとで乗って印象が薄いとかわいそうだから、先に乗っておきますか……」という消極的な言葉がきっかけ(編集部注:試乗取材は複数のクルマを集めて行っており、この日はゴルフGTIよりずっと高価なモデルがそろっていた)。

裏を返せば、谷口は大した期待も抱かずにステアリングを握ったのだが、写真撮影が終わってスタッフから「終了です!」と声をかけられてもなお、谷口が自らの意思でゴルフを走らせ続けたことは、この連載企画では異例の展開だったといえる。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る