日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化

2017.07.13 自動車ニュース
「日産NV350キャラバン」
「日産NV350キャラバン」拡大

日産自動車は2017年7月13日、ワンボックス車「NV350キャラバン」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。

 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大

マイナーチェンジの内容はデザインの変更と装備の強化が主となっている。

エクステリアについては、フロントグリルまわりの意匠を、最近の日産のデザインテーマである「Vモーショングリル」(V字形のフロントグリルの装飾)をより強調したものに変更。またヘッドランプ、リアコンビランプをLED式に変更した。一方インテリアでは、「プレミアムGX」「GX」にシルバーの装飾を施したステアリングホイールを採用。シートファブリックも、ブラックの生地にホワイトのラインをランダムで施した、新しいデザインに変更している。

また、装備については、これまではバン・2WD車の一部のバリエーションのみに設定されていた「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)」「ヒルスタートアシスト」をバンの全車で標準装備化。また4ナンバークラスのバンとして初めて「インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)」をオプションとして採用した。さらに、大きな音を立てることなくバックドアを全閉できる「バックドアオートクロージャー」、および液晶モニター付きの「オートエアコン+リアクーラー」を一部グレードに搭載。前者については非装備グレードでもオプションで選択可能となっている。

グレード体系では、エクステリアを中心に上級グレードに準じる仕様・装備とした新グレード「VX」を追加設定。また商用車系特装車についても、標準車と同様の変更がなされている。

価格はバンが227万7720円から381万2400円、ワゴンが258万6600円から348万9480円、マイクロバスが305万3160円から339万4440円。

(文=webCG/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
NV350キャラバン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • 日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化 2017.7.13 自動車ニュース 日産がワンボックス車「NV350キャラバン」をマイナーチェンジ。自動緊急ブレーキを全車標準装備としたほか、アラウンドビューモニターやバックドアオートクロージャーなどを新採用した。「Vモーショングリル」を強調した新しいデザインも特徴となっている。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
ホームへ戻る