日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化

2017.07.13 自動車ニュース
「日産NV350キャラバン」
「日産NV350キャラバン」拡大

日産自動車は2017年7月13日、ワンボックス車「NV350キャラバン」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。

 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大
 
日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化の画像拡大

マイナーチェンジの内容はデザインの変更と装備の強化が主となっている。

エクステリアについては、フロントグリルまわりの意匠を、最近の日産のデザインテーマである「Vモーショングリル」(V字形のフロントグリルの装飾)をより強調したものに変更。またヘッドランプ、リアコンビランプをLED式に変更した。一方インテリアでは、「プレミアムGX」「GX」にシルバーの装飾を施したステアリングホイールを採用。シートファブリックも、ブラックの生地にホワイトのラインをランダムで施した、新しいデザインに変更している。

また、装備については、これまではバン・2WD車の一部のバリエーションのみに設定されていた「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)」「ヒルスタートアシスト」をバンの全車で標準装備化。また4ナンバークラスのバンとして初めて「インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)」をオプションとして採用した。さらに、大きな音を立てることなくバックドアを全閉できる「バックドアオートクロージャー」、および液晶モニター付きの「オートエアコン+リアクーラー」を一部グレードに搭載。前者については非装備グレードでもオプションで選択可能となっている。

グレード体系では、エクステリアを中心に上級グレードに準じる仕様・装備とした新グレード「VX」を追加設定。また商用車系特装車についても、標準車と同様の変更がなされている。

価格はバンが227万7720円から381万2400円、ワゴンが258万6600円から348万9480円、マイクロバスが305万3160円から339万4440円。

(文=webCG/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
NV350キャラバン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • プレミアム感を高めた特別な「ハイエース」登場 2018.8.6 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年8月6日、「ハイエース」および「レジアスエース」の特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”」と、ハイエースの誕生50周年を記念した特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」を発売した。
  • これからお店に行く人にささぐ
    「スズキ・ジムニー」購入のススメ
    2018.7.23 デイリーコラム いよいよ販売が開始された新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。ここまでの取材を担当してきたwebCG編集部員が、過去の経験や記憶を総動員して、ジムニーを買う上でのちょっとしたポイントを紹介する。皆さん、ようこそジムニーワールドへ!
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
ホームへ戻る