第50回:謎のメチャ軽ステアリング(その2)

2017.07.18 カーマニア人間国宝への道

当たりのゴールドバッジ

赤い玉号は本当にスバラシイ。特にスバラシイのは、内外装の美しさと、エンジンの吹け上がりだ。

ボディーには、傷らしいものはほとんどない。年式が年式だけに、跳ね石の跡がいっぱいあってもおかしくないが、それもほんのわずか。まさに極上モノ!

内装レザーは白。正確には薄いベージュですが、それも新品のごとき美しさで、乗るのが申し訳なくなる。

エンジンは、購入時から装着されていたMSレーシング製マフラーの抜けの良さもあり、とろけるように豪快にさく裂する。もちろん古いクルマですからそんなに速くないですが、とっても速く感じます。この「速く感じる」という点が一番重要なんだよネ! 速く走んなくていいから。

エンジンのすばらしさを尾上メカに語ったところ、「ゴールドバッジだからかな~」。

私「ゴールドバッジって何?」

尾上「ほら、このクルマ、『GTS』のエンブレムが金色でしょ。これは当たりのエンジンの印っていううわさがあるんだよ。あくまでうわさだけど」

そんな話初めて聞きました!

実は赤い玉号を買う時、GTSのエンブレムが金色なのを見て、「過去のオーナーさんが塗ったのかな。趣味悪いな」と思ってしまっていたのです。

ネット上で検索したところ、「308」用エンブレムはゴールドにつき、それが本社に余っていて、前期型「328」に流用したのではないかとも書かれていましたが、「俺の赤い玉号は当たりのゴールドバッジ」と思うことにしよう! 占いもエンブレムもいいことだけ信じようじゃないかウフフ~!

“赤い玉号”こと、筆者が購入した「フェラーリ328GTS」はまさに極上モノ!(写真=池之平昌信)
“赤い玉号”こと、筆者が購入した「フェラーリ328GTS」はまさに極上モノ!(写真=池之平昌信)
内装はまるで新品のように美しい。
内装はまるで新品のように美しい。
コーナーストーンズの整備工場で日々フェラーリと向き合う、尾上サービスの尾上メカ。
コーナーストーンズの整備工場で日々フェラーリと向き合う、尾上サービスの尾上メカ。
当たりのゴールドバッジと思えば、すべて善し。(写真=池之平昌信)
当たりのゴールドバッジと思えば、すべて善し。(写真=池之平昌信)
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事