第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材

2017.07.13 エディターから一言
波状路にて、車体にかかる“ねじり方向”の入力に対する耐久性の試験を受ける「日産NV350キャラバン」。
波状路にて、車体にかかる“ねじり方向”の入力に対する耐久性の試験を受ける「日産NV350キャラバン」。

ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。

日産のワンボックス車である「NV350キャラバン」。2012年6月のデビューから5年を経て、このほど初のマイナーチェンジを受けた。
日産のワンボックス車である「NV350キャラバン」。2012年6月のデビューから5年を経て、このほど初のマイナーチェンジを受けた。
今回のマイナーチェンジでは、デザインの変更に加え、自動緊急ブレーキの全車標準装備化など、装備の強化もトピックとなっている。
今回のマイナーチェンジでは、デザインの変更に加え、自動緊急ブレーキの全車標準装備化など、装備の強化もトピックとなっている。
「NV350キャラバン」は商用車としてはもちろん、レジャーなどで積載性の高いクルマを求めるユーザーからも支持を集めている。写真はそうしたユーザーに人気のバンの上級グレード「プレミアムGX」。
「NV350キャラバン」は商用車としてはもちろん、レジャーなどで積載性の高いクルマを求めるユーザーからも支持を集めている。写真はそうしたユーザーに人気のバンの上級グレード「プレミアムGX」。

ハイエースの牙城を崩すべく

日産キャブオーバーバンのNV350キャラバン(以下、NV350)がマイナーチェンジを受けた。エンジンやシャシー、車体構造などの走りにかかわる部分に変更はないが、メッキ面積を拡大したフロントグリル、アラウンドビューモニターやスマートルームミラー、オートエアコン、バックドアクロージャーなどが今回のマイチェンの目玉らしい。

つまり、唯一の宿敵である「トヨタ・ハイエース/レジアスエース」にゆずっていた部分で追いついて、もともと勝っていた部分はさらに引き離す……というのが、新しいNV350のねらいということだ。

国内同市場でかつて4割あった日産のシェアは、2004年に現行ハイエース/レジアスエースが登場してから1~2割に急落。2012年にNV350へフルチェンジしてからは25%前後にまでV字回復したものの、それ以上にはなかなか伸びず、“ハイエースの牙城”を打ちくだくまでにはなっていないのが現実である。冷静客観的にいって、NV350がハードウエアでハイエース/レジアスエースに負けている部分は皆無に近いのだが、これがブランド力というものだろう。

……といったことはともかく、今回のマイチェンに合わせて、日産は「NV350の開発現場を見てみませんか?」という取材会を開催した。その案内に応じて訪れたのは日産自動車……ではなく「日産車体株式会社」である。
自動車産業に詳しい人なら知っている人も多いはずだが、NV350を実際に設計開発して生産しているのは、日産自動車ではなく、日産車体である。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • ジャガーEペースR-Dynamic S P300 AWD/EペースS D240 AWD【海外試乗記】 2018.2.21 試乗記 ジャガーの新型コンパクトSUV「Eペース」がいよいよ公道に降り立った。“身の丈サイズ”のボディーに力強い2リッターエンジンを搭載し、スポーティーなフットワークを備えた「Fペース」の弟分の仕上がりは上々。ヒットの予感に満ちている。
  • 単なるブームの産物なのか?
    新型SUV「ランボルギーニ・ウルス」に思うこと
    2018.2.16 デイリーコラム コンセプトカーの登場から6年。ようやく日本上陸を果たした「ランボルギーニ・ウルス」だが、スーパーカーメーカーのSUVにはさまざまな議論がつきまとう。これは単なる“SUVブームの産物”なのか? その見どころはどこにある?
ホームへ戻る