第211回:「はりはり仮面」のおまけは生きていた!? イタリアのおもしろステッカーを紹介

2011.09.16 エッセイ

第211回:「はりはり仮面」のおまけは生きていた!?イタリアのおもしろステッカーを紹介

史上最強の食玩

ボクが子供だった1970年代中盤に、「はりはり仮面」というスナック菓子があった。チューインガムやコーラ、『サンデー』や『ジャンプ』といった漫画雑誌がNG(小学館、集英社さんごめんさない)だった親が、なぜ「はりはり仮面」は買ってくれたのか、今もわからない。

本体のお菓子は単なるチョコレートバーであるが、面白かったのは、その「おまけ」であった。「おまけ」とは小さなステッカーだ。そこに印刷してある文字やイラストがおかしかったのだ。お笑いネタを文字で説明するほど野暮なものはないがあえて説明すると、トイレに座って水洗のヒモを引く男子のイラストとともに「文部省すいせん」と書かれたもの、座布団に座ったおじいさんの絵とともに「人間国宝」の文字、さらには「校長室」「女湯」などといったステッカーが入っていたこともあった。この「おまけ」ステッカー、クラスメートたちも、文房具などに貼って楽しんでいた。

ステッカーは“本体”である菓子とのシールドが悪く、匂いはおろか、ときおりチョコがこびりついていたこともあったが、それでも一生懸命集めたものである。
昨今いわゆる「食玩」の玩具部分がエスカレートするなか、価格対エンターテインメント性のコストパフォーマンスで、「はりはり仮面」を超えるものはいまだないと信じている。

【写真1】フェリー会社「モビーラインズ」のステッカー。このドライバーはサルデーニャ島で休暇を過ごしたのだろう。
第211回:「はりはり仮面」は生きてきた!? イタリアのおもしろステッカーを紹介
【写真2】シモーネさん? の名前プレート。
第211回:「はりはり仮面」は生きてきた!? イタリアのおもしろステッカーを紹介

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。