第151回:レーシングマシンの戦いは次世代へ受け継がれる
『カーズ クロスロード』

2017.07.14 読んでますカー、観てますカー

第1作の世界観に戻った物語

佐藤琢磨がインディ500初優勝を果たした。日本人初の快挙で、実にめでたい。偉業のわりには国内での盛り上がりが今ひとつなのは寂しいが、アメリカのレースになじみが薄いということなのだろう。インディアナポリス・モーター・スピードウェイに詰めかけた30万人以上の観客が熱狂する祝祭感は、テレビ映像では伝わらない。

日本で『カーズ』の興行収入が思ったほど伸びなかったのも、同じ理由だと考えられる。フォーミュラカーのインディとは違って『カーズ』の舞台はストックカーレースのNASCARだが、オーバルコースで行われるのは同じだ。最近では、インディの方はロードコースでも競われるようになったが、ひのき舞台はやはりオーバル。アメリカ人の大好物である。モンスターマシンが超高速バトルを繰り広げ、観客席からはレースの全体が見渡せる。ビールをがぶ飲みしながらひいきのチームを応援するのが、彼らにとってはこの上ない楽しみなのだ。

『カーズ クロスロード』は、シリーズ第3作である。ただ、前作の『カーズ2』と直接につながったストーリーにはなっていない。『2』は新機軸を出そうとして話を広げすぎたきらいがある。石油をめぐる世界的な陰謀を企てる悪の組織と戦うというアクション要素の強い展開には違和感があった。サーキットでスピードを競うことに焦点を絞ることで第1作の世界観に立ち戻った『クロスロード』は、実質的にはリブートといえる。

『カーズ』は、新人レーシングマシンのライトニング・マックィーンが、レジェンドであるハドソン・ホーネットの指導で成長していく物語である。公開された2006年には、佐藤琢磨がスーパーアグリでF1を走っていた。

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
 
第151回:レーシングマシンの戦いは次世代へ受け継がれる『カーズ クロスロード』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事