第511回:なかなかお買い得!?
フランスの払い下げ郵便車、売ってます

2017.07.21 マッキナ あらモーダ!

その黄色に見覚えあり!

パリのセーヌ左岸ラスパイユ通りで毎週日曜に開かれるマルシェは、オーガニック食品やグッズが並ぶ市として知られている。

どこの国の市場でも、ボク自身は屋台を冷やかすことに加えて、行商人たちのクルマを見るのを楽しみにしている。

フランスの市場でシトロエンの「Hトラック」は消えたといってよい。製造終了は1981年で、すでに36年も経過しているのだから、当然といえば当然だ。しかし、行商を研究し尽くして開発されたという経緯を持つクルマだけに、その消滅は惜しい。

と、感傷的になりつつも、ラスパイユの市でボクは1台のシトロエン製商用車「ジャンピー」を発見した。初代モデルで2004年以降の後期型だ。

その黄色いボディーから「もしや」と思ったら、やはり想像は当たっていた。フランス郵便の払い下げ車である。その証拠に、リアフェンダーには、「www.laposte.fr」というステッカーをはがした跡がしっかりと残っていた。

「シトロエンHトラック」。クリニャンクールの市場にて2004年撮影。この時点ですでに、一帯に1台という少なさであった。
「シトロエンHトラック」。クリニャンクールの市場にて2004年撮影。この時点ですでに、一帯に1台という少なさであった。
ラスパイユのマルシェで、黄色い「シトロエン・ジャンピー」を発見。もしや……?
ラスパイユのマルシェで、黄色い「シトロエン・ジャンピー」を発見。もしや……?
上の「シトロエン・ジャンピー」には、フランス郵便のウェブサイトを示すステッカーの跡が。
上の「シトロエン・ジャンピー」には、フランス郵便のウェブサイトを示すステッカーの跡が。
セーヌ左岸ラスパイユのオーガニック製品マルシェにて。ひよこ豆のガレットを食す筆者。
セーヌ左岸ラスパイユのオーガニック製品マルシェにて。ひよこ豆のガレットを食す筆者。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事