ランボルギーニ、スーパーな「ガヤルド」出展【フランクフルトショー2011】

2011.09.16 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】ランボルギーニ、レースカーベースの「ガヤルド」限定モデルを出展

伊アウトモビリ・ランボルギーニは2011年9月13日、フランクフルトモーターショーで、「ガヤルド」のワンメイクレース競技車両をベースとした限定モデル「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」を発表した。

「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」は、「ガヤルドシリーズの新たなトップモデル」となる世界150台限定のリミテッドエディションだ。同モデルは、モンツァ、シルバーストン、ホッケンハイムなどヨーロッパ各地のサーキットで開催されるガヤルドのワンメイクレース「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」の競技車両をベースとしており、レーシングモデルと同一の大型リアウイングや専用色を用いたカラーリングなどを特徴とする。

レーシングモデルがベースとはいっても、同競技はイコールコンディションで行われるため、エンジンや機能系部品の改造は認められていない。そのためエンジンスペックは「スーパーレジェーラ」と共通で、最高出力570ps/8000rpm、最大トルク55.1kgm/6500rpmを発生。トランスミッションは6段2ペダルMTの「e-gear」が組み合わされる。

車体は、「LP560-4」の3倍のダウンフォースを発生させるというリアウイングや、短時間で脱着可能なクイックリリース式リムーバブルエンジンフード、リアディフューザー、ドアミラーハウジングのパーツに炭素繊維強化プラスチックを採用。結果、「スーパーレジェーラ」に並ぶ1340kgの車重を実現している。

ボディカラーは、往年のレーシングレッドを再現したという「ロッソ・マルス」に、マットブラックが組み合わされる。ブレーキキャリパーにレッドを用いたのは、ランボルギーニ史上初だという。車体色はこのほか「グリジオ・テレスト」「ビアンコ・モノセルス」も設定され、それぞれオプションでグロスブラック仕上げのルーフが選択可能となっている。

アルカンターラ仕上げの内装は、ロアダッシュボードやシートクッションセンター、バックレストにロッソ・マルスを、その他の部位にはブラックを用い、所々に赤いステッチを施すなど、外装同様、ブラック×レッドでコーディネートされる。

「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」の生産台数は、150台のみとなる。

(webCG 曽宮)

「ランボルギーニ LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」
「ランボルギーニ LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」
ランボルギーニ、スーパーな「ガヤルド」出展【フランクフルトショー2011】の画像
0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は320km/hと公表されている。
0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は320km/hと公表されている。

ランボルギーニ、スーパーな「ガヤルド」出展【フランクフルトショー2011】の画像

ランボルギーニ、スーパーな「ガヤルド」出展【フランクフルトショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • マクラーレン720S 2017.3.8 画像・写真 マクラーレンは2017年3月8日、新型スポーツカー「720S」を国内初公開した。新開発のセンターモノコック「モノケージII」を初採用し、720psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。車両価格は3338万3000円。その詳細を画像で紹介する。
ホームへ戻る