クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)

ただの高性能車じゃない 2017.07.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。

パワーも価格も最高の一台

ETC車載機の場所を聞いて、ドアを閉め、エンジンをかけようとしたら、始動ボタンが見当たらない。歩道に出たアウディのスタッフが環八通りのクルマを止めて、手招きをしている。アセる。いつものようにセンターフロアの上を探しても、ない。と思ったら、発見! 真っ赤なスターターボタンが小径ハンドルのスポーク右側に付いていた。フェラーリか。

TTクーペのトップガン、RSもフォルクスワーゲン グループのMQBプラットフォームベースの新型に生まれ変わった。TTシリーズが3世代目の現行型に切り替わったのは2014年。アウディのレース部門、アウディスポーツGmbHが手塩にかけた別格高性能モデルの登場は、それからまる3年待たされたことになる。

6年ぶりに刷新されたTT RSだが、2.5リッター5気筒ターボというスペックは受け継がれた。といっても、中身は新設計で、ブロックはアルミ化され、クランクシャフトからオイルポンプまで軽量化が施されて、エンジン単体で26kg軽くなった。

最高出力は340psから400psに向上している。そのほか、くわしい内容は既報のニュースをお読みいただくとして、新型RSが史上最強のTTであることは間違いない。価格も史上最高で、TT RSクーペは962万円。1000万円級のTTクーペに成長した。

アルミニウムのパネルや「RS」のエンブレムでドレスアップされたインテリア。日本仕様は、ハンドル位置が左右から選べる。
アルミニウムのパネルや「RS」のエンブレムでドレスアップされたインテリア。日本仕様は、ハンドル位置が左右から選べる。拡大
写真の赤いスイッチは、エンジンのスタート/ストップボタン。ステアリングホイールの右スポーク下部に備わる。
写真の赤いスイッチは、エンジンのスタート/ストップボタン。ステアリングホイールの右スポーク下部に備わる。拡大
フロントに横置きされる2.5リッター直5ターボエンジン。単体で、先代比26kgの軽量化を実現した。
フロントに横置きされる2.5リッター直5ターボエンジン。単体で、先代比26kgの軽量化を実現した。拡大
日本国内では2017年3月末にデビューした新型「アウディTT RSクーペ」。オープン仕様の「TT RSロードスター」もラインナップされる。
日本国内では2017年3月末にデビューした新型「アウディTT RSクーペ」。オープン仕様の「TT RSロードスター」もラインナップされる。拡大

タウンスピードでも楽しめる

いいクルマは、動きだした途端からいい。環八通りを走り始めて感じたTT RSのよさは、“軽さ”である。1490kgの車重はアルミスペースフレーム時代の先代より10kg軽くなったが、乗り心地や身のこなしは、もっと軽くなった印象だ。TT RSというよりも「TTライトウェイト」と名乗ったほうが、乗り味をよく表すと思う。

20バルブの5気筒エンジンも軽いが、4気筒のようにサラッと滑らかではなく、ちょっとイビツなビートがある。それがTT RSの“らしさ”のひとつといえる。乾いた排気音もいい。

ギアボックスはパドルシフト付きの7段Sトロニック。今回から、生産されるのはこの2ペダル変速機モデルのみになった。
TT RSのようなライトウェイト感覚があると、タウンスピードで普段使いしていても楽しいし、楽しめる。とはいえ、全力加速は禁断の蜜の味だ。フルスロットルでスタートダッシュを試みると、フルタイム四駆のクワトロなのに、一瞬、フロントが浮いたかと思うほどのロケット加速をみせる。それもそのはず、0-100km/hは3.7秒。ゼロヒャクが4秒をきるとスーパーカーだというのが個人的な認識で、4秒台前半の「ポルシェ718ケイマンS」や「BMW M2クーペ」に明確な差をつける。

ただ、試乗車はスロットルのオンオフで変速機からコツコツと音が出がちだった。同じパワーユニットを搭載する「RS 3」にはまだ乗ったことがないが、コンフォートよりも加速性能を取った結果としてこういうものなのか。試乗車だけの問題であれば幸いだ。

「TT RSクーペ」が0-100km/h加速に要する時間は3.7秒。最高速度は280km/hと公表される。
「TT RSクーペ」が0-100km/h加速に要する時間は3.7秒。最高速度は280km/hと公表される。拡大
ファインナッパレザーで仕立てられたスポーツシート。ダイヤモンドステッチや「RS」のロゴでドレスアップされている。
ファインナッパレザーで仕立てられたスポーツシート。ダイヤモンドステッチや「RS」のロゴでドレスアップされている。拡大
トランスミッションは、デュアルクラッチ式ATの7段Sトロニックのみ。シフトレバーの右奥には、排気音を変化させる「RSサウンドボタン」が備わる。
トランスミッションは、デュアルクラッチ式ATの7段Sトロニックのみ。シフトレバーの右奥には、排気音を変化させる「RSサウンドボタン」が備わる。拡大
今回は高速道路を主体に230kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で8.7km/リッター、車載の燃費計で9.1km/リッターを記録した。
今回は高速道路を主体に230kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で8.7km/リッター、車載の燃費計で9.1km/リッターを記録した。拡大

デートに使って問題なし

エンジン、変速機、磁性流体ダンパー、電動パワーステアリングなどの特性をひとまとめに変えられるアウディドライブセレクトは、コンフォート、オート、ダイナミックの3種類。スイッチはスタート&ストップボタンと対称のハンドルスポークに備わる。アウディで一番ドライブセレクト機能を使いやすいクルマである。エコモードはないが、今回の走り方をしても、燃費は約9km/リッターをマークした。

計器盤はアウディバーチャルコックピットにアップデートした。アナログ計器を全廃した高精細液晶の電子メーターだ。RSの新趣向はパワー/トルクメーターで、出力とトルクがリアルタイムに表示される。0~100のパーセンタイル表示なので、わかりやすい。

平たんな高速道路を7速トップの1800rpmで巡航していると、パワーは7%、トルクは22%。せいぜいそんなものである。400psのうち30psも使っていないのかと知って、愕然(がくぜん)とする。ある意味、宝の持ち腐れメーターである。

一方、両方のメーターに100を出すような運転は、あくまでサーキット限定にしたほうがいい。ただ、RSらしい使い方をしていても、決してモンスター的なアナーキーさは見せない。ダイナミックモードでもマグネティックライドの乗り心地は快適さを失わないし、エンジンや変速機が度過ぎてレーシングライクになるわけでもない。十分、デートカーになる。そのへんは、最近のアウディRSに共通のしつけである。

走行特性を変化させる「アウディドライブセレクト」の操作スイッチは、ステアリングホイールの左スポーク下にレイアウトされる。
走行特性を変化させる「アウディドライブセレクト」の操作スイッチは、ステアリングホイールの左スポーク下にレイアウトされる。拡大
全面が液晶画面になっているメーターパネル。カーナビのマップのほか、パワーメーターやトルクメーター(写真右側)も表示できる。
全面が液晶画面になっているメーターパネル。カーナビのマップのほか、パワーメーターやトルクメーター(写真右側)も表示できる。拡大
新型「アウディTT RS」では、アウディドライブセレクトと4WDシステムが協調制御される。このため、先代モデルより緻密な駆動力配分が可能になっている。
新型「アウディTT RS」では、アウディドライブセレクトと4WDシステムが協調制御される。このため、先代モデルより緻密な駆動力配分が可能になっている。拡大
定員2人のリアシート。シートカラーは、写真のムリーリョブラウンのほかにブラックも選べる。
定員2人のリアシート。シートカラーは、写真のムリーリョブラウンのほかにブラックも選べる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

実用的なレーシングカー

撮影はたまたま新型「ゴルフGTI」と同じときに行った。GTIだってもちろんGTIだが、TT RSクーペをたっぷり味わった直後に乗ると、エッ、こんなに鈍重だっけ!? と感じ、TT RSは実用レーシングクーペだと思った。

TTクーペでふと忘れがちなのは、ボディーの実用性の高さである。後席は大人が座る用としては使えないが、物入れとしては広い。クーペといってもテールゲート付きで、しかもガバッと広い開口面積で開き、後席の背もたれを倒して床をフラットにすれば、荷車としても侮れない。ルーフが低いため、嵩(かさ)モノは無理だが、27インチのロードバイク(自転車)が寝かせて積める。ミドエンジンの718ケイマンや、テールゲートのないM2クーペにはできない芸当だ。

“乗り出し”だと1000万円を超す価格は、TTクーペ史においても冒険価格だと思うが、718ケイマンSより50psパワフルで速いのに、60万円以上安いという見方もできる。なにより、400psの四駆という濃厚なメカを感じさせない乗り味の軽さが、TT RSクーペの魅力だと思う。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=峰 昌宏/編集=関 顕也/取材協力=河口湖ステラシアター)

荷室の容量は305リッター。50:50分割可倒式の後席を前方に倒すことで、さらに拡大できる。フロア下の予備スペースには、パンク修理キットが備わる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は305リッター。50:50分割可倒式の後席を前方に倒すことで、さらに拡大できる。フロア下の予備スペースには、パンク修理キットが備わる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大
風量や温度、風向の調節スイッチと一体になった、エアコン吹き出し口。中央の液晶部分に設定内容が表示される。
風量や温度、風向の調節スイッチと一体になった、エアコン吹き出し口。中央の液晶部分に設定内容が表示される。拡大
ボディーカラーは、テスト車の「マコウブルークリスタルエフェクト」を含む全8色が用意される。
ボディーカラーは、テスト車の「マコウブルークリスタルエフェクト」を含む全8色が用意される。拡大

テスト車のデータ

アウディTT RSクーペ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4190×1830×1370mm
ホイールベース:2505mm
車重:1490kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.5リッター直5 DOHC 20バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:400ps(294kW)/5850-7000rpm
最大トルク:480Nm(48.9kgm)/1700-5850rpm
タイヤ:(前)255/30ZR20 92Y/(後)255/30ZR20 92Y(ピレリPゼロ)
燃費:11.7km/リッター(JC08モード)
価格:962万円/テスト車=1141万円
オプション装備:オプションカラー<マコウブルークリスタルエフェクト>(15万円)/アシスタンスパッケージアドバンスト<クルーズコントロール、アウディサイドアシスト、アウディアクティブレーンアシスト、リアビューカメラ、アウディホールドアシスト>(28万円)/アウディマトリクスOLEDリアライト(12万円)/7スポークローターデザイン マットチタニウム9J×20(24万円)/セラミックディスクブレーキ<フロント>(66万円)/Bang & Olufsenサウンドシステム(13万円)/ファインナッパレザーRSロゴ エクステンデッドレザーパッケージ(21万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:1679km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:228km
使用燃料:26.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.7km/リッター(満タン法)/9.1km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディTT RSクーペ
アウディTT RSクーペ拡大
アルミホイールのサイズは、標準で19インチ。テスト車には、7スポークローターデザインの20インチホイール(写真)が装着されていた。
アルミホイールのサイズは、標準で19インチ。テスト車には、7スポークローターデザインの20インチホイール(写真)が装着されていた。拡大
センターコンソールには、インフォテインメントシステム用のスイッチが並ぶ。タッチパッドやダイヤルを組み合わせることで、直感的な操作が可能となっている。
センターコンソールには、インフォテインメントシステム用のスイッチが並ぶ。タッチパッドやダイヤルを組み合わせることで、直感的な操作が可能となっている。拡大
リアエンドには、固定式の「TT RS」専用スポイラーが装着される。軽量かつ消費電力の少ないOLED(有機発光ダイオード)のリアコンビランプは、12万円のオプションとして用意される。
リアエンドには、固定式の「TT RS」専用スポイラーが装着される。軽量かつ消費電力の少ないOLED(有機発光ダイオード)のリアコンビランプは、12万円のオプションとして用意される。拡大

関連キーワード:
TT RSクーペアウディ試乗記

あなたにおすすめの記事