“ギア感”がテーマの特別な「三菱アウトランダー」登場

2017.07.20 自動車ニュース
「三菱アウトランダー アクティブギア」
「三菱アウトランダー アクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年7月20日、ミドルサイズSUV「アウトランダー」に特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定し、販売を開始した。

3万2400円の有償色である「ホワイトパール」。
3万2400円の有償色である「ホワイトパール」。拡大
「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」に含まれるテールゲートスポイラー。
「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」に含まれるテールゲートスポイラー。拡大
「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカール。
「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカール。拡大
ブラックとオレンジの専用フロアマット。
ブラックとオレンジの専用フロアマット。拡大

オレンジの差し色でアウトドア用品の道具感を表現

「アクティブギア」はアウトドア用品の道具感を内外装のデザインに取り入れた特別仕様車であり、今回のモデルは、2017年4月に設定された「デリカD:5アクティブギア」に続く第2弾となる。

ベースとなるのはガソリン車の「20G“Safety Package”」「24G“Safety Package”」の2グレードで、外観上のアクセントとしてフォグランプベゼルやサイドドアガーニッシュ、ウインカー付き電動格納式リモコンドアミラーにオレンジを採用。テールゲートにもオレンジの「ACTIVE GEAR」専用デカールを装着している。

さらに、18インチアルミホイールをブラックとしたほか、グロスブラックのルーフレールを標準装備。ボディーカラーには「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」「ホワイトパール」(有償色)の3色を用意している。

一方インテリアでは、座面および背もたれ面に立体的なボーダーキルティングを施したスエード調人工皮革を、背もたれ面上部とサポート部に昇降温抑制機能を持つ人工皮革を用いた専用シートを装備。また、シートやステアリングホイール、シフトノブ、メーターフード、ドアトリム、センターアームレストなどに、アクセントとしてオレンジのステッチを施している。

さらに、インストゥルメントパネルのオーナメントにオレンジの「ACTIVE GEAR」専用デカールを装着したほか、通常はオプション扱いのブラックプライウッド調パネルをインパネおよびドアトリムオーナメントパネルに、パワーウインドウスイッチに新しくピアノブラックのパネルをそれぞれ採用。またインテリアの質感を高めるため、センターコンソールとドアトリムに人工皮革を用いている。

装備の強化も図っており、通常はメーカーオプションのスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)と、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)を標準で採用。同車専用のディーラーオプションとして、テールゲートスポイラーと「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカール、専用フロアマット(ブラック&オレンジ)からなる「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」も設定している。

価格は2リッターFF車が289万5480円、2.4リッター4WD車が318万9240円。ディーラーオプションの「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」が施工費込みで7万0437円。

(webCG)
 

関連キーワード:
アウトランダー三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)【試乗記】 2012.11.15 試乗記 三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)
    ……318万4000円

    「安全性」「低燃費」「上質感」が見どころと、新型「アウトランダー」はなかなか欲ばりなクルマである。「プレミアムツーリングSUV」の走りはいかに?
ホームへ戻る