フォルクスワーゲンが8車種の先進装備を強化

2017.07.20 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年7月20日、純正インフォテインメントシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」およびナビゲーション機能が付いた「Discover Pro(ディスカバー プロ)」の機能強化に加え、一部モデルの装備を充実させ、販売を開始した。

「ザ・ビートル」
「ザ・ビートル」拡大
「ゴルフ オールトラック」
「ゴルフ オールトラック」拡大
「パサート」
「パサート」拡大

今回、機能・装備の充実が図られたモデルは、「ザ・ビートル」「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」「ゴルフトゥーラン」「ティグアン」「パサート」「パサートヴァリアント」の8モデル、全29グレード。

一番のトピックは「純正インフォテイメントシステムの大幅改良」だ。2機種の純正インフォテインメントシステムはともに画面が大きくなり、視認性が向上。ラジオシステムのComposition Mediaは6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付きのDiscover Proも8インチから9.2インチに変更された。

Discover Proは、立体的なスイッチ類に代えて、全面フラットになったタッチスクリーンを採用。さらに「ジェスチャーコントロール機能」を搭載することで、画面にタッチすることなく、手を画面の前で左右に動かすだけで、ホームメニューの切り替えやラジオの選局などが可能になった。

各種のコネクティッドサービスも充実し、プラグインハイブリッド車の予約充電やエアコンの遠隔操作などができるようになったほか、車両から離れた場所で目的地を検索、情報の送信ができるスマートフォン向け専用アプリケーション「Volkswagen Car-Net」が8月上旬から配信される。

これにあわせて、一部モデルでは安全性も強化された。具体的には、ゴルフ、ゴルフヴァリアント、ゴルフトゥーラン、パサート、パサートヴァリアントの「パークディスタンスコントロール」機能を拡張。「前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能」が追加された。「ザ・ビートル ベース/デザイン」では、死角にいるクルマなどの存在を知らせる「ブラインドスポットディテクション」や出庫時の車両後方の安全確認をサポートする「リアトラフィックアラート」が標準装備となった。

新たな価格は、以下の通り。(カッコ内は従来の価格)

【ザ・ビートル】

  • ベース:239万9000円(234万9000円)
  • デザイン:274万9000円(269万9000円)
  • Rライン:299万9000円(294万5000円)
  • 2.0 Rライン:349万9000円(345万9000円)

【ゴルフ】

  • TSIトレンドライン:249万9000円(249万9000円)
  • TSIコンフォートライン:279万9000円(279万9000円)
  • TSIハイライン:325万9000円(325万9000円)
  • GTI(MT):389万9000円(389万9000円)
  • GTI(DSG):399万9000円(399万9000円)
  • R(MT):549万9000円(549万9000円)
  • R(DSG):559万9000円(559万9000円)

【ゴルフヴァリアント】

  • TSIコンフォートライン:293万9000円(293万9000円)
  • TSIハイライン:339万9000円(339万9000円)
  • TSI Rライン:359万9000円(359万9000円)
  • R:569万9000円(569万9000円)

【ゴルフ オールトラック】

  • TSI 4MOTION:359万9000円(359万9000円)

【ゴルフトゥーラン】

  • TSIトレンドライン:284万7000円(284万7000円)
  • TSIコンフォートライン:325万9000円(319万9000円)
  • TSIハイライン:383万9000円(379万9000円)
  • TSI Rライン:389万9000円(397万4000円)

【ティグアン】

  • TSIコンフォートライン:360万円(360万円)
  • TSIハイライン:433万2000円(433万2000円)
  • TSI Rライン:463万2000円(463万2000円)

【パサート】

  • TSIトレンドライン:329万9000円(329万9000円)
  • TSIエレガンスライン:383万9000円(379万9000円)
  • TSIハイライン:449万9000円(443万9000円)
  • 2.0 TSI Rライン:504万9000円(499万9000円)

【パサートヴァリアント】

  • TSIトレンドライン:349万9000円(349万9000円)
  • TSIエレガンスライン:403万9000円(399万9000円)
  • TSIハイライン:469万9000円(463万9000円)
  • 2.0 TSI Rライン:524万9000円(519万9000円)

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフザ・ビートルパサートゴルフトゥーランフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
ホームへ戻る