ブリヂストンが新型スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX2」を発売

2017.07.20 自動車ニュース
「ブリヂストン・ブリザックVRX2」
「ブリヂストン・ブリザックVRX2」

ブリヂストンは2017年7月20日、スタッドレスタイヤの新商品「BLIZZAK(ブリザック)VRX2」を発表した。同年9月1日に販売を開始する。

商品説明を行ったブリヂストンの執行役員 消費財タイヤ開発担当の井出慶太氏。エネルギッシュなプレゼンテーションが印象的だった。
商品説明を行ったブリヂストンの執行役員 消費財タイヤ開発担当の井出慶太氏。エネルギッシュなプレゼンテーションが印象的だった。
発表会のスライド説明より。「VRX2」は、従来品の「VRX」に比べて氷上ブレーキ性能が10%向上している。
発表会のスライド説明より。「VRX2」は、従来品の「VRX」に比べて氷上ブレーキ性能が10%向上している。
「VRX2」では、凍った路面でのコーナリング性能も強化されている。
「VRX2」では、凍った路面でのコーナリング性能も強化されている。
発表会にはブリヂストンのテレビCMなどでおなじみの、女優の綾瀬はるかさんも登場。雪の結晶模様の浴衣が涼しげ。
発表会にはブリヂストンのテレビCMなどでおなじみの、女優の綾瀬はるかさんも登場。雪の結晶模様の浴衣が涼しげ。

アクティブ発泡ゴム2を新たに開発

今回のブリザックVRX2は、“断トツの氷上性能”をキーフレーズに、従来商品の「VRX」から氷上性能を向上させた新タイヤである。また、氷上性能とは相反する部分の多い、静粛性や摩耗ライフ性能などについても強化されている。

氷上性能の強化にあたり、ブリヂストン独自の発泡ゴム技術を進化させた「アクティブ発泡ゴム2」を新たに開発。滑りの原因となる氷上の水膜を除去する性能は従来品と同等だが、新シリカを配合することで、除水後の氷路面への接地力が向上した。

また、アクティブ発泡ゴム2のグリップ力を最大限に生かすため、新たな非対称パターンを採用し、路面とゴムの設置面積を拡大。さらにトレッドの前後ブロック剛性の強化や、「Wシェイプブロック」などにより、ブロックの倒れこみを抑制した。アクティブ発泡ゴム2の効果もあわせて、氷上でのブレーキ性能が10%向上したという。

静粛性については、溝とサイプをさまざまな角度で配置し、空気の流れを分散する「マルチアングルグルーブ」と、アクティブ発泡ゴム2のミクロの気泡と水路が持つ吸音機能を組み合わせることで、従来品と比べて騒音エネルギーの発生が31%抑制されている。

さらに、ブロック剛性を強化したことでタイヤと路面との滑りが減少し、摩耗ライフ性能もアップ。従来品から22%の向上を実現した。

サイズは135/80R12 68Q(9018円)から245/40R20 95Q(9万0504円)までの全109種がラインナップされる。(カッコ内はメーカー希望小売価格)

(webCG)

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤブリヂストン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事