月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』
「トヨタ・カムリ」、その知られざる歴史に迫る

2017.07.25 From Our Staff
新型「トヨタ・カムリ」
新型「トヨタ・カムリ」

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。先日、“BEAUTIFUL MONSTER”のキャッチフレーズとともに、新型「トヨタ・カムリ」が華々しくデビューしました。8月号ではその歴史について、自動車ライターの沼田 亨さんが解説します。

それでは早速、来月号の内容を紹介します。


------------------------------------

レンジローバーファミリー第4のモデル「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」。
レンジローバーファミリー第4のモデル「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」。
マイナーチェンジを受けた「スバル・レヴォーグ」。安全運転支援システム「アイサイト」に、新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」が追加された。
マイナーチェンジを受けた「スバル・レヴォーグ」。安全運転支援システム「アイサイト」に、新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」が追加された。
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」は、ドイツのニュルブルクリンク北コースの、量産車最速記録の持ち主だ。
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」は、ドイツのニュルブルクリンク北コースの、量産車最速記録の持ち主だ。
マイナーチェンジ版「ホンダ・フィット」の試乗記も公開。先進安全装備「ホンダセンシング」が、主要グレードに標準装備となった。
マイナーチェンジ版「ホンダ・フィット」の試乗記も公開。先進安全装備「ホンダセンシング」が、主要グレードに標準装備となった。

【Specialコラム】
トヨタ・カムリは、アメリカの乗用車セグメントで15年連続で販売台数1位の座に輝いている、トヨタの屋台骨を支えるグローバルモデルです。しかし、日本におけるこれまでの立場は、ちょっと地味……。どこか“オジサンが選ぶクルマ”という印象がありましたが、新型はこのイメージから脱却するかのような、アグレッシブなスタイルで登場し、脚光を浴びています。歴史の潮目になるかもしれないこのタイミングで、その知られざる過去を振り返っておきましょう。イベントリポートなどを中心にwebCGでも活躍中の自動車ライター、沼田 亨さんに解説していただきます。初代は「セリカ」の姉妹車だった!?

【今月の“私的”ビッグニュース】
自動車業界で幅広く活躍するジャーナリストやライターの皆さんに、このひと月で特に印象に残ったエピソードを紹介してもらうこのコーナー。今月は試乗記や自動車ニュースなど、webCGでもマルチにご活躍されている、自動車ライターの生方 聡さんが登場します。ドイツ車をこよなく愛する生方さんは、どんなニュースに注目した?

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のランキングを通して、この1カ月の自動車業界の動向をおさらいします。
今月は新型カムリ以外にも、レンジローバーファミリーに新たに加わった「ヴェラール」や「キャデラックXT5クロスオーバー」などのニューモデルがデビュー。さらに「トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイア」や「スバルWRX S4/レヴォーグ」などのマイナーチェンジモデルも登場しました。
一方、試乗記部門に目を移せば、「マクラーレン570GT」や「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」といったスーパースポーツに加えて、「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」や「ゴルフR」、さらに「ホンダ・フィット」などのマイナーチェンジモデルも誌面をにぎわせました。どんなクルマがランクインするのか、ぜひご注目ください。

------------------------------------

『月刊webCG通信』の申し込みは、メールアドレスを記入するだけ。従来の『webCG通信』読者の方には、もれなくお届けします。登録がまだの方は、この機会にぜひご登録を!

→メールマガジンのお申し込みはこちらから

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事