第3回:ヘンリー・フォード<1896年>
大量生産で世界を変えた資本主義の申し子

2017.07.27 自動車ヒストリー 名車「フォードT型」を世に送り出し、自動車を通してまさに世界を変えてみせたヘンリー・フォード。大量生産の実現により企業と労働者がともに繁栄の道を歩めると信じ続けた、時代の寵児(ちょうじ)の生涯を振り返る。

エジソンの激励で自信を深める

「今日私たちが自動車と呼んでいるものの実現を早めた点で、エジソンはもっと功績を認められなければならない」(『自動車王フォードが語るエジソン成功の法則』)

ヘンリー・フォードは、トーマス・エジソンへの感謝の念を生涯持ち続けた。彼の言葉が、自分のクルマ作りの方向性が正しいと確信させたからだ。

1896年8月11日、ニューヨークでエジソン電気会社の代表者会議が開かれ、親睦を深めるための夕食会にフォードも出席していた。会食中、乗り物用蓄電池の充電が話題になった。電気事業者にとって大きなビジネスチャンスになるというのだ。当時は蒸気自動車、ガソリン自動車、電気自動車が混在する状況だったが、その場では電気自動車の優位を前提に議論が進行した。しばらくの間フォードは黙って聞いていたが、やがて自分がガソリン自動車を造ったことを告げる。すぐさまエジソンが興味を示し、2ストロークなのか4ストロークなのか、点火はどうするのかなどと矢継ぎ早に質問を投げかけた。フォードが的確な説明を返すと、わが意を得たりというようにテーブルをたたいて彼を激励した。

エジソンの見解では、電気自動車は発電所の近くでなければ機能せず、バッテリーが重いのも弱点だ。蒸気自動車はボイラーと火元を運ばなければならないので、論外というしかない。フォードのガソリン自動車は自前の動力装置を積んでおり、高い可能性を秘めている。

フォードにはまだ迷いがあったが、天才からお墨付きを与えられて自分の考えが正しいことを確信する。電気に関して世界一の知識を持っているエジソンが、モーターよりもガソリンエンジンのほうが動力として適していると断言したのだ。

ヘンリー・フォード(1863-1947)
ヘンリー・フォード(1863-1947)拡大
幼少期のヘンリー・フォードのポートレート。フォードは1863年にミシガン州ディアボーンに生まれた。
幼少期のヘンリー・フォードのポートレート。フォードは1863年にミシガン州ディアボーンに生まれた。拡大
トーマス・エジソン(左)とヘンリー・フォード(右)。
トーマス・エジソン(左)とヘンリー・フォード(右)。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事