第512回:ダサかっこいいフィアットで「新婚さんいらっしゃい!」

2017.07.28 マッキナ あらモーダ!

送迎車といえば

日本の結婚式では、ホテルや結婚式場によって、立派な送迎車を売りにしているところがある。今年の春、東京を訪れたときも、後席にカップルを乗せたロールス・ロイスの2ドアコンバーチブル「コーニッシュ」が走ってきたので、よく見れば近くの結婚式場から出てきたのであった。

自動車雑誌『CAR GRAPHIC』初代編集長の小林彰太郎氏がもし存命なら、この光景を見て「本来バカンス用のボディータイプを、運転手付きで式典に用いるとは笑止千万」などと憤慨していたかもしれない。
ボク自身は、もし新婚でも用途うんぬん以前に、東京で浮世離れしたロールス・ロイスというだけで気恥ずかしくなってしまうだろう。

しかしながら本国でも見る機会がめったになくなったコーニッシュ(I~IVシリーズ)である。短く見積もっても車齢21年の英国車が、東洋の島国で現役なのだ。ましてやハレの日に立ち往生は絶対に許されないわけである。ボク個人としては品質がよくなかった時代の英国車を日々整備しているメカニックの苦労に、敬意を表さずにはいられない。

「フィアット124」とジョルジョさんとフランチェスカさんの新郎新婦。なお、124は1967年欧州カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。
「フィアット124」とジョルジョさんとフランチェスカさんの新郎新婦。なお、124は1967年欧州カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。
「フィアット124」は、かつてジョルジョさんの祖父のものだった。モデル末期の1972年に登場した1.6リッターツインカム仕様の「スペシャルT1600」である。
「フィアット124」は、かつてジョルジョさんの祖父のものだった。モデル末期の1972年に登場した1.6リッターツインカム仕様の「スペシャルT1600」である。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事