カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表【フランクフルトショー2011】

2011.09.15 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表

2011年9月13日のプレスデイで幕を開けたフランクフルトモーターショーで、英アストン・マーティンは2台のスポーツカーを発表した。

お披露目されたのは、旗艦モデル「DBS」に特別な装備を施した「DBSカーボンエディション」。クーペとコンバーチブルの2台が用意された。

ボディカラーにはカーボンブラックに加え、2色の新色(フレームオレンジとセラミックグレイ)を用意。塗料を7層に重ね、25時間をかけて平滑研磨する、同社独自の塗装プロセスが採用され、これにより宝石のような輝きを持つガラス層が生み出されるという。オプションでサテン・ラッカー塗装も選択が可能だ。

エクステリアではウォームブラックのグリル、カーボンファイバー製のミラーヘッド、リアランプのカーボン製インフィル、スモーク仕上げのリアライトなどが同モデルならではの装備。さらにグロスブラックに塗装された10スポークのダイヤモンド・ターンド・ホイールの奥には、ブラック塗装されたブレーキキャリパーが与えられる。こちらはオプションで他の色にすることもできる。

インテリアではダッシュボードに貼られたカーボンファイバーフェイシアが目を引く。繊維の織り目をそろえるために手作業によって設置されたという。さらにマグネシウム合金を使用したシフトパドルの先端にも、カーボンファイバーが使用されている。

価格はクーペが18万6582ポンド(約2260万円)、コンバーチブルが19万6581ポンド(約2380万円)。2012年第1四半期からデリバリーが開始される予定だ。

(webCG 本諏訪)

「アストン・マーティンDBSカーボンエディション」
「アストン・マーティンDBSカーボンエディション」 拡大
 
カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表【フランクフルトショー2011】の画像 拡大
 
カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表【フランクフルトショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
DBSDBSヴォランテアストンマーティンフランクフルトモーターショー2011イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る