カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表【フランクフルトショー2011】

2011.09.15 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表

2011年9月13日のプレスデイで幕を開けたフランクフルトモーターショーで、英アストン・マーティンは2台のスポーツカーを発表した。

お披露目されたのは、旗艦モデル「DBS」に特別な装備を施した「DBSカーボンエディション」。クーペとコンバーチブルの2台が用意された。

ボディカラーにはカーボンブラックに加え、2色の新色(フレームオレンジとセラミックグレイ)を用意。塗料を7層に重ね、25時間をかけて平滑研磨する、同社独自の塗装プロセスが採用され、これにより宝石のような輝きを持つガラス層が生み出されるという。オプションでサテン・ラッカー塗装も選択が可能だ。

エクステリアではウォームブラックのグリル、カーボンファイバー製のミラーヘッド、リアランプのカーボン製インフィル、スモーク仕上げのリアライトなどが同モデルならではの装備。さらにグロスブラックに塗装された10スポークのダイヤモンド・ターンド・ホイールの奥には、ブラック塗装されたブレーキキャリパーが与えられる。こちらはオプションで他の色にすることもできる。

インテリアではダッシュボードに貼られたカーボンファイバーフェイシアが目を引く。繊維の織り目をそろえるために手作業によって設置されたという。さらにマグネシウム合金を使用したシフトパドルの先端にも、カーボンファイバーが使用されている。

価格はクーペが18万6582ポンド(約2260万円)、コンバーチブルが19万6581ポンド(約2380万円)。2012年第1四半期からデリバリーが開始される予定だ。

(webCG 本諏訪)

「アストン・マーティンDBSカーボンエディション」
「アストン・マーティンDBSカーボンエディション」
 
カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表【フランクフルトショー2011】の画像
 
カーボンで飾った「アストン・マーティンDBS」発表【フランクフルトショー2011】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る