メルセデスが「Cクラス」の“つながる機能”を拡充

2017.07.26 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2017年7月25日、「メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回の変更では、新たにテレマティクスサービスの「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」を採用した。また、一部モデルで装備の拡充を行った。

Mercedes me connectのサービス内容は以下の通り。

  • 24時間緊急通報サービス:事故検知時(エアバッグやシートベルトテンショナーの展開時)や車内にあるSOSボタンが押された際に、コールセンターが消防に連絡する。
  • 24時間故障通報サービス:ツーリングサポートが必要な際に「Bコールボタン」を押すとツーリングサポートセンターにつながる。
  • リモートドアロック&アンロック:スマートフォンの操作で車両ドアのロック、アンロックができる。(※)
  • リモート(車両)ステータス確認:車両の走行距離、燃料計、平均燃費等の状態をアプリ等で確認できる。(※)
  • リモートセットアップ:アプリの操作で車両バッテリーの充電状況の確認やエアコン設定ができる。(「C350e」のみ)(※)
  • MB Apps:天気情報や充電ステーション(C350eのみ)の位置や施設情報、インターネットラジオを、MB Appsで表示、使用できる。(※)
  • Door to Doorナビ:スマートフォンアプリから目的地をBluetooth経由でCOMANDシステムに送信できる。(※)

※:2017年8月サービス開始予定。

このほか、「C200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)」および「C200 4MATICステーションワゴン スポーツ(本革仕様)」「C350eステーションワゴン アバンギャルド」にパノラミックスライディングルーフをオプション設定した。

また、「C180カブリオレ スポーツ」にオプション設定されている「レザーエクスクルーシブパッケージ」に、「ヘッドアップディスプレイ」と「LEDインテリジェントライトシステム」を追加装備した。ヘッドアップディスプレイについては、「C43 4MATICカブリオレ」と「C63 Sカブリオレ」にも標準装備とした。

価格はセダンが441万円から1357万円、ステーションワゴンが465万円から1438万円、クーペが504万円から1363万円、カブリオレが611万円から1420万円。

(webCG)

「メルセデス・ベンツCクラス セダン」
「メルセデス・ベンツCクラス セダン」拡大

関連キーワード:
Cクラス カブリオレCクラス クーペCクラス ステーションワゴンCクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(メルセデス・ベンツ) 2018.4.12 画像・写真 メルセデス・ベンツはニューヨークショー2018の会場にて、改良された新型「Cクラスカブリオレ」を発表。同時に「Sクラスクーペ」やメルセデスAMGの「C63」「G63」そして「GT」の4ドアクーペなどを展示した。各車両を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」がマイナーチェンジ 2018.7.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年7月25日、「メルセデス・ベンツCクラス」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、注文受け付けを開始した。今回はセダンとステーションワゴン、クーペ、カブリオレを同時にリニューアルした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICカブリオレ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.8.7 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗。見れば美しく、踏めば速く、そしてコンフォータブル。そんな完全無欠とも思われるラグジュアリーな4シーターオープンの世界を堪能した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その9) 2018.3.9 画像・写真 「メルセデスAMG GT」の4ドアクーペが登場! ジュネーブモーターショー2018におけるメルセデスブース、その中からメルセデスAMGのニューモデルを写真で紹介する。
  • 新しい「メルセデス・ベンツ Cクラス」に特別仕様車 2007.6.25 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジした新型「メルセデス・ベンツ Cクラス」に、特別仕様車「C200 コンプレッサー エレガンス デビューパッケージ」を設定、2007年6月22日から全国550台限定で販売を開始した。
ホームへ戻る