VW、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売

2011.09.15 自動車ニュース

「ゴルフGTIエディション35」
VW、「ゴルフGTI」35周年記念モデルIを発売

フォルクスワーゲン、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年9月15日、「ゴルフGTI」の生誕35周年を記念した特別仕様車「ゴルフGTIエディション35」を350台限定で発売した。


ガンメタリックの専用18インチアルミホイール。
ガンメタリックの専用18インチアルミホイール。

初代「ゴルフGTI」のシフトノブをモチーフにしたシフトレバー。
初代「ゴルフGTI」のシフトノブをモチーフにしたシフトレバー。

「35」ロゴ入りの専用シート。
「35」ロゴ入りの専用シート。

「ゴルフGTIエディション35」は、現行の「ゴルフGTI」をベースに、エンジンに専用チューンが施され、内外装にも専用装備が多数採用されている。

ドライブトレインは、最高出力235ps(ベース車比+24ps)、最大トルク30.6kgm(同+2.0kgm)を発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンに6段DSGの組み合わせ。その結果、最高速は標準GTIの236km/hから246km/hへと引き上げられている。足まわりには、通常はオプション設定となる「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」が標準装備される。

専用ボディカラー「カーボンスチールグレーメタリック」に塗装された外装には、専用フロントバンパー、ブラック塗装されたドアミラー、ダークフィニッシュのLEDテールランプに加え、フロントフェンダーの左右にクロームの「35」エンブレムを装着。足元には専用デザインの18インチアルミホイールが与えられる。

内装は、「35」ロゴの入った、レザー&マイクロファイバー(ハニカムメッシュ模様入り)のコンビネーションシートや、専用ドアシルプレートが装備される。また、専用のシフトノブは、初代ゴルフGTIのものをモチーフとしたデザインとなっている。

価格は、ベースモデルの「ゴルフGTI」より50万円高の418万円。

(文=滝本智志)


ハニカムメッシュ模様と「35」ロゴが入れられた専用ドアシルプレート。
ハニカムメッシュ模様と「35」ロゴが入れられた専用ドアシルプレート。

VW、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売の画像

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る