スバルがAUTOMOBILE COUNCIL 2017の出展概要を発表

2017.07.28 自動車ニュース
「スバル360」
「スバル360」

スバルは2017年7月28日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」(開催期間:8月4日~6日)の、出展概要を発表した。

新型「レヴォーグ」
新型「レヴォーグ」

約60年にわたる“事故ゼロ”に向けた取り組みを展示

今年のスバルブースのテーマは、「事故ゼロを目指して60周年」。1958年に発売した「スバル360」の時代から始まる総合安全(0次安全、走行安全、予防安全、衝突安全)への取り組みをアピールする。

開発当時から衝突安全や歩行者保護などの安全技術に取り組んでいたスバル360や「スバル1000」、さらに8月7日に発売する新型「レヴォーグ」「WRX S4」を展示する。新型の2車種には、約60年にわたる“事故ゼロ”に向けた取り組みの最新技術「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載されており、この機能についても合わせて紹介する。

スバルブースの出展予定車は以下の通り。

  • スバル360(スバル初の軽乗用車・機械遺産認定車) 
  • スバル1000(スバル初の水平対向エンジン搭載車) 
  • 新型レヴォーグ(8月7日発売予定) 
  • 新型WRX S4(8月7日発売予定) 

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事