アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

2011.09.15 自動車ニュース
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

【フランクフルトショー2011】アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで

突如現れた宇宙船のような建物……。そんな印象で見る者を驚かせるアウディスタンドは、その中身もユニークだった。


アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】
クローズドボディの「アーバンコンセプト」
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

■独り立ち

これまでアウディは、フォルクスワーゲングループの一員としてホール3(1階)のスペースを共有していたが、今回からホール3の目の前にパビリオンを仮設して“独り立ち”した。

2階建てのホールには、ステージ、展示スペース、ショップ、ミーティングルーム、レストランのほか、「A1 e-tron」「A3 e-tron」といったEVや、「R8 GTスパイダー」「TT RS ロードスター」などのハイパフォーマンスモデルに同乗試乗できるコースなども用意されており、仮設とは信じがたいクオリティと内容で来場者を迎えてくれる。好調なアウディ、この辺にも飛ぶ鳥を落とすいまの勢いが感じられる。

さて、コンセプトカーとして登場したのは、いずれも近未来のEV社会を想定したシティコミューターだ。「アウディ・アーバンコンセプト」は、全長×全幅×全高=3219×1678×1189mmという非常にコンパクトなEV。ボディとホイールハウスが分離されたスタイルが特徴で、クローズドボディとロードスターのふたつが用意されており、前者はキャノピーをスライドさせ、また後者はドアを跳ね上げてキャビンにアクセスする。キャビンには2人分のシートが設けられるが、ふたつのシートを前後に30cmオフセットして設置、スリムなキャビンを快適に使う工夫が凝らされている。

軽量化を図るために、ボディはカーボン素材でつくられた。おかげで車両重量はわずか480kg! 一方、キャビンではメーターまわりにアルミが多用されて、レーシングカーのような雰囲気にまとめ上げられている。アーバンコンセプトのデザインは、1930年代の「アウトウニオン」のレーシングカーを現代によみがえらせたものだというから、このインテリアも辻褄(つじつま)があう。

さらに後輪駆動を採用するのもレーシングカーばりだが、ガソリンエンジンの代わりに電気モーターを搭載して、21インチタイヤを20psのふたつのモーターで直接駆動するのがEVらしいところ。7.1kWhのリチウムイオンバッテリーはシートの背後に配置される。航続距離が73km、0-100km/h加速は16.9秒の実力。なお最高速度は100km/hに制限されている。


アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】
ロードスターの「アーバンコンセプト」
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】
「アーバンコンセプト」のインテリア。
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

充電に要する時間は、400Vの三相電源なら約20分、230Vの家庭用コンセントなら約1時間。非接触式の充電に対応し、プラグをつなぐことなく手軽に充電できるのも魅力のひとつだ。

「アーバンコンセプト」のシート。
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】
「A2コンセプト」
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

■本命はEV? それとも内燃機関?

もうひとつのEVが「アウディA2コンセプト」。「A2」といえば、オールアルミ製ボディを採用したプレミアムコンパクトカーとして知られるアウディの名車。日本では馴染みが薄いが、あのエポックメイキングなモデル名が復活したのだ。

全長×全幅×全高=3804×1693×1494mmのボディは、アウディのエントリーモデル「A1」よりもさらにコンパクト。サイズに限ればA1とA2との上下関係が逆転してしまうことになる。アウディ アーバンコンセプトと違って、ボディは5ドアハッチバックスタイルで、また、キャビンには4人分のシートが確保されるなど、あくまで現在のクルマの延長線上にあるが、新しい試みも随所に盛り込まれている。

たとえば、機械的な結合のない操作系、つまり“バイワイヤ”技術を採用したのもそのひとつ。アクセルペダルはいうまでもなく、ステアリングやブレーキにもバイワイヤを用いている。ボディにはアウディの「ウルトラライト」構造を採用。アルミやカーボンなど、さまざまな素材により、軽量化と高剛性ボディを両立させる。車両重量は1150kg。

デザインにも新しさが光る。ボディサイドを前後に貫くLEDの帯(“ダイナミックライト”と呼ばれる)が方向指示器やブレーキランプの役割を表情豊かに担う。広大なグラスルーフは電気的に光の透過量が調節できる機能を備えている。

パワートレインには最高出力116psのモーターを採用し、前輪を駆動。31kWhのリチウムイオンバッテリーはサンドイッチ構造のフロアに格納する。航続距離は200km、0-100km/h加速は9.3秒をマークする。最高速は150km/hだ。バッテリーの格納方法を除けば、そのまま内燃機関が搭載できることを考えると、A2の本命はEVではなく、内燃機関と予想される。いずれにしても再デビューが楽しみなモデルである。

「A2コンセプト」
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】
「A2コンセプト」のホイール。
アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

アウディ、ふたつのEVから最新スポーツモデルまで【フランクフルトショー2011】

■Sモデルも一挙登場!

アウディスタンドにはこれらEVのコンセプトカーに加えて、最新モデルも目白押しだ。なかでも注目したいのが、「S8」「S7」「S6」というラグジュアリーなスポーツモデル。以前このクラスには5.2リッターV10エンジンが搭載されていたが、スポーツモデルでもダウンサイジングを進めるアウディは、エンジンを新開発の4リッターV8ツインターボに変更。最高出力はS6とS7が420ps、S8が520psを誇るが、通常走行時などあまりパワーを必要としない状況下で、8気筒のうち4気筒を休止させる“シリンダー・オンデマンド”を採用することで、従来比で20%以上の低燃費化を図った。

このほかにも、A8ハイブリッドやマイナーチェンジしたA5シリーズなど、見どころは盛りだくさん。それだけにフロアに展示車両を詰め込みすぎた感じもあるが、アウディワールドにどっぷりと浸りたい人には格好の空間といえそうだ。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。