「トヨタC-HR」に8タイプのツートンカラーが登場

2017.08.02 自動車ニュース
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。
「トヨタC-HR」。写真はホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックのもの。

トヨタ自動車は2017年8月2日、「C-HR」のボディーカラーにツートンカラーを新たに設定し、販売を開始した。

センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。
センシュアルレッドマイカ×ブラックの「C-HR」。このツートンカラーは5万4000円のオプションとして提供される。
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。
こちらは、ラディアントグリーンメタリック×ホワイトのモデル。
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。
メタルストリームメタリック×ブラックのエクステリア。
イエロー×ブラックのエクステリア。
イエロー×ブラックのエクステリア。

今回追加されたボディーカラーは、ベースのモノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リアスポイラーなどを組み合わせたもの。カラーバリエーションを充実させることで、クルマとしての魅力をより高めたとアピールされる。

ツートンカラー(ボディーカラー×組み合わせカラー)のラインナップは、以下の通り。それぞれ、5万4000円(下記※印)または3万2400円のオプションとして用意される。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラック※
  • メタルストリームメタリック×ブラック
  • ブラックマイカ ×ホワイト
  • センシュアルレッドマイカ×ブラック※
  • ダークブラウンマイカメタリック×ホワイト
  • イエロー×ブラック
  • ラディアントグリーンメタリック×ホワイト
  • ブルーメタリック×ホワイト

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”【試乗記】 2015.3.20 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、デザイン、機能性、快適性、そして走りと、あらゆる領域で一段と腕を上げた「マツダCX-5」。ステアリングを握る者を走りへと誘う“ドライバーズSUV”としての資質も同時に高まったのだろうか。このカテゴリーのベストセラーカー「トヨタ・ハリアー」と比較してみた。
ホームへ戻る