マツダが「CX-5」と「アテンザ」の安全装備を強化

2017.08.03 自動車ニュース
「マツダCX-5 XD」
「マツダCX-5 XD」

マツダは2017年8月3日、「CX-5」と「アテンザ」の仕様の一部を変更。安全装備の強化を図り、販売を開始した。

ヘッドランプに関しては、「CX-5」の「20S/25S/XD」、アテンザの「20S/XD」には「ハイ・ビーム・コントロールシステム」が、その他のグレードには「アダプティブLEDヘッドライト」が装備される。
ヘッドランプに関しては、「CX-5」の「20S/25S/XD」、アテンザの「20S/XD」には「ハイ・ビーム・コントロールシステム」が、その他のグレードには「アダプティブLEDヘッドライト」が装備される。

今回の変更では、すでに標準装備となっている「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」「AT誤発進抑制制御(前進時)」に加え、ハイビームアシスト機能付きのヘッドランプや車線逸脱警報システム、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を検知する「ブラインド・スポット・モニタリング」、駐車場で後退しながら出庫する際などに接近する車両を検知する「リア・クロス・トラフィック・アラート」などの機能を全車標準装備とした。

価格は、CX-5が249万4800円から352万6200円、アテンザが279万7200円から400万1400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
CX-5アテンザセダンアテンザワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース