第53回:カーマニア、堕落の選択

2017.08.08 カーマニア人間国宝への道

「3シリーズ」の安全技術に注目

自動ブレーキとアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)が装備されたステキな足グルマを、なるべく激安で購入したい!

そのような怠惰かつ欲望丸出しな思索を繰り返した結果、「BMW 320dセダン」の中古車にターゲットを絞った私だったが、これら安全装備は、現行モデルの登場以来、何度か変更を受けていたはず。編集部およびBMW広報のご協力により、その変遷を追ってみた。

●2012年1月/新型「3シリーズ」が登場。衝突回避・被害軽減ブレーキシステム(単眼カメラにて制御)はオプション装備で、作動範囲は10km/h~60km/h。上記速度範囲にて作動し、システムは衝突被害の軽減のみ。

「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)」もオプション設定。なお、BMWはACCをアクティブ・クルーズ・コントロールと呼ぶ。

●2012年8月/「320d」追加。

●2013年8月/3シリーズに「ドライビングアシスト」が標準装備。ちなみにドライビングアシストとは、レーダーやカメラなどで車両の周囲を監視し、衝突事故を回避、もしくはその被害を軽減するもの。具体的な機能の内容は、車線の逸脱をドライバーに警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、衝突の危険性が高まった際にドライバーに警告を発する「前車接近警告機能」、追突事故が避けられないと判断した場合に自動でブレーキをかけ、衝突を回避するか被害の軽減をはかる「衝突回避・被害軽減ブレーキ」の3種類。システムには歩行者検知機能も採用されており、歩行者への接近に対しても、ドライバーへの警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させる。

「BMW 320d」が欲しい!(写真=池之平昌信)
「BMW 320d」が欲しい!(写真=池之平昌信)拡大
「BMW 3シリーズ」のフロントウィンドウ上部には単眼カメラが備わる。
「BMW 3シリーズ」のフロントウィンドウ上部には単眼カメラが備わる。拡大
「BMW 3シリーズ」のフロントバンパーにはミリ波レーダーが備わる。
「BMW 3シリーズ」のフロントバンパーにはミリ波レーダーが備わる。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 限定車「BMW 3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow」登場 2017.8.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年8月28日、「BMW 3シリーズ」の「Mスポーツ」をベースとする1300台限定の特別仕様車「3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow(エディションシャドー)」の受注を開始した。納車の時期は、同年10月初旬以降になる見込み。
  • BMW 530e iパフォーマンス ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.8.17 試乗記 プラグインハイブリッド車のラインナップ拡充を進めるBMW。今回は、そのニューフェイスとなるミッドサイズセダン「530e」に試乗。純粋なガソリンエンジン車とはひと味違う、走りや乗り心地をリポートする。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
ホームへ戻る