【スペック】全長×全幅×全高=3835×1690×1380mm/ホイールベース=2365mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)/価格=255万円(テスト車=同じ)

ルノー・ウインド(FF/5MT)【試乗記】

脱力系遊びグルマ 2011.09.15 試乗記 ルノー・ウインド(FF/5MT)
……255万円

大衆車をベースにつくられたファンカー、それが「ウインド」の実体である。その成り立ちは走りやパッケージングにどう影響する? “風”を名乗るフレンチオープンの乗り味を試した。 

インポーターの英断

屋根が開くオープンカーだから、「ウインド」(風)。世界的に車名が底をついている今、こんなにシンプルな名前をルノーが所有しているとは思わなかった。まずこの車名に一本とられる。

ウインドは「トゥインゴ」ベースのコンパクトな2座オープンカーである。ATモデルはつくっていないし、今後、計画もないため、左ハンドル/マニュアルの本国仕様をエイヤッと輸入した。サイズに余裕のないコンパクトカーでは、オリジナルの左ハンドルを右に換えると、えてして機械的に副作用が出がちだ。ルノー・ジャポンの英断がうれしい。

ハード的にもう一本とられるのは、なんといってもこの電動オープン機構である。純粋2座コクピットの後ろには、リアウィンドウが立っている。オープンといっても、いわゆるタルガトップだから、屋根の面積が小さい。それを利用したすごくシンプルな開閉機構を採用した。

ロックを外し、スイッチを押すと、ルーフパネルが一枚のまま後ろに180度反転して、トランクリッドの上の収納スペースに収まる。その間たったの12秒。パワーウィンドウのような手軽さで開け閉めできる。

ただ、ひとつ気をつけないといけないのは、ルーフが垂直まで立ち上がるので、上空にスペースがいること。全高2メートルのウチの車庫ではコワくて開けられなかった。ぎりぎり大丈夫だとは思ったが。
2段式リフトパーキングなんかで自慢するのはやめたほうがいい。

快適装備は、CD一体AM/FM電子チューナーラジオ(MP3)、防じんフィルター付きオートエアコン、AUX端子、クルーズコントロールなど。安全装備は、フロントエアバッグ、サイドエアバッグ、ESP(横滑り防止装置)、EBD(電子制御動力配分システム)などが標準で備わる。
快適装備は、CD一体AM/FM電子チューナーラジオ(MP3)、防じんフィルター付きオートエアコン、AUX端子、クルーズコントロールなど。安全装備は、フロントエアバッグ、サイドエアバッグ、ESP(横滑り防止装置)、EBD(電子制御動力配分システム)などが標準で備わる。
シートは、ホールド性を高めたスポーツタイプで、生地はファブリック。
シートは、ホールド性を高めたスポーツタイプで、生地はファブリック。

ルノー・ウインド(FF/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ウインド(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.15 試乗記 ルノー・ウインド(FF/5MT)
    ……255万円

    大衆車をベースにつくられたファンカー、それが「ウインド」の実体である。その成り立ちは走りやパッケージングにどう影響する? “風”を名乗るフレンチオープンの乗り味を試した。 
  • ルノー・ウインド(FF/5MT)【試乗記】 2011.7.25 試乗記 ルノー・ウインド(FF/5MT)
    ……255万円

    「トゥインゴ」をベースに作られた2シーターオープンカー「ウインド」が日本に上陸。ルノースポールの手になるフレンチコンパクトの、第一印象をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】 2012.9.21 試乗記 ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール(FF/5MT)
    ……245万円

    ルノーのホットハッチ「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」に試乗。マイナーチェンジを受け、見た目が大きく変わった新型の乗り心地やいかに?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る