第514回:古い「日産マーチ」も登場!
「ボロボロのクルマを祭り上げる街」の怪

2017.08.11 マッキナ あらモーダ!

夏祭りといえばクルマが楽しみ!?

夏は祭りの季節である。

1970年代後半のこと。東京の郊外に住む小学生だったボクにとって、夏の楽しみは隣町の商店街で催される「七夕祭り」だった。

「小野田元少尉帰還」といった時事ネタを巧みに取り入れつつ毎年飾り付けをする小さな商店があって、社会派少年のボクとしては楽しかったのを覚えている。

一方で、大きな店の中には、飾り付けをほかの都市の七夕祭りのものと使い回すことで経費を節約しているところもあった。今思えば、世界各地のモーターショーでブースの設営機材を使い回す自動車メーカーのような感じである。

そうかと思えば、かたわらで「傷痍(しょうい)軍人」のおじさんたちが道端に座ってアコーディオンをひいていた。今よりずっと「戦後」が近かった。

その七夕祭りでボクが最も楽しみにしていたものといえば、自動車の展示である。地元販売店が祭りに合わせて、クルマをディスプレイするのだ。農協の前にも、販売協力関係にあった三菱車が展示してあったものだ。

クルマの脇にカタログがたくさん置いてあったのもうれしかった。例えば三菱の場合、「ランサー」といった乗用車だけでなく軽トラック「ミニキャブ」のものまであった。

カタログが各販売店が購入しているPRツールであることを知る今となってはなんとも複雑だが、当時のボクはセールスマンにお願いすることなく各モデルのものをもらえるのだから最高にうれしかったものだ。

2017年7月14~23日にイタリア・リエティ旧市街で開催された地元ディーラー共催展示会「モトーレ・ロンバンテ」にて。motore rombanteとは「とどろくエンジン(音)」のこと。写真はスズキ&日産販売店のマリアーノさんとエレオノーラさん。
2017年7月14~23日にイタリア・リエティ旧市街で開催された地元ディーラー共催展示会「モトーレ・ロンバンテ」にて。motore rombanteとは「とどろくエンジン(音)」のこと。写真はスズキ&日産販売店のマリアーノさんとエレオノーラさん。
こちらは、シトロエンとプジョーの販売店による展示。
こちらは、シトロエンとプジョーの販売店による展示。
ボルボが展示されたピアッツァ(広場)。セール車らしく「ボルボV40クロスカントリー」のウィンドウには「1万9500ユーロ(約254万円)から」とのキャッチが。
ボルボが展示されたピアッツァ(広場)。セール車らしく「ボルボV40クロスカントリー」のウィンドウには「1万9500ユーロ(約254万円)から」とのキャッチが。
「ランチア・イプシロン」の置き場所を微調整するスタッフ。今日のランチアにおいて、事実上唯一の販売車種である。
「ランチア・イプシロン」の置き場所を微調整するスタッフ。今日のランチアにおいて、事実上唯一の販売車種である。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事