VW、「up!」はじめ魅力的なクルマが勢ぞろい【フランクフルトショー2011】

2011.09.14 自動車ニュース

VW、「up!」と「ビートル」を中心に魅力的なコンセプトモデルを展示【フランクフルトショー2011】

【フランクフルトショー2011】フォルクスワーゲン、「up!」「ビートル」を中心に魅力的なコンセプトモデルを展示

明るくクリーンなイメージのフォルクスワーゲンブースには、広大なスペースにニューモデル「up!(アップ)」とその派生モデルや、新世代の「ビートル」をベースにしたコンセプトモデルなど、魅力的なクルマが勢ぞろいした。

「ポロR WEC」
「ポロR WEC」
コンセプトカー「buggy up!」
コンセプトカー「buggy up!」
コンセプトカー「GT up!」
コンセプトカー「GT up!」

■「up!」七変化

フォルクスワーゲングループが展示を行うホール3の1階は、アウディが独り立ちしたかわりにポルシェが仲間入りして、相変わらずのにぎわいを見せている。フロアで一番の展示スペースを誇るのがフォルクスワーゲンで、白を基調としたまばゆいばかりのスペースに、比較的ゆったりと、しかし、たくさんのフォルクスワーゲン車が配置されていた。

ブースの入口で迎えてくれるのが、派手なオーバーフェンダーとルーフスポイラーが頼もしい「ポロR WRC」だ。2013年から世界ラリー選手権(WRC)に挑むフォルクスワーゲンが開発を進めているマシンは、1.6リッターの直噴ターボエンジンを研ぎ澄ますことで約300psのパワーを発生し、4WDシステムにより強大なトラクションを確保する。ファンとしてはその活躍を期待するとともに、ポロRがいつ市販されるのかが気になってならない。

ブース奥に目を向けると「up!」の大きなロゴが光り輝いている。時々刻々と色が変わるそのロゴを目指して進むと、デビューしたばかりの「up!」をベースとする6つのコンセプトカー「buggy up!」が来場者の注目を集めていた。その名のとおり、up!を大胆に変身させた究極のオープンスポーツだ。
ヨットをイメージしたこれまたオープンモデルの「up! azzurra セーリングチーム」は、イタリア人デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロとワルター・デ・シルヴァの共作。
フォルクスワーゲン伝統のスポーツモデル「GTI」のup!版というべきコンセプトが「GT up!」。クリーンさがウリの「eco up!」は天然ガス自動車。2013年にデビューが予定される電気自動車の「e-up!」も登場が待ち遠しい。

しかし、個人的に最も興味を抱いたのがクロスオーバーの「cross up!」だ。「クロスポロ」「クロスゴルフ」など、「クロス」シリーズはいまや定番のバリエーションになりつつあるのだが、そんなことよりもこのcross up!は、ベースのup!が3ドアボディであるのに対して、5ドアボディが与えられたところが見逃せない。Cピラーのデザインが直線的になり、3ドアほど個性的ではないが、ファミリーで使うには後ろ2枚のドアは実にありがたい。面白いのはリアドアの窓が上下にスライドするのではなく、後部がわずかに押し出されて開くところ。おかげで5角形の窓でも開閉が可能となっている。

コンセプトカー「eco up!」
コンセプトカー「eco up!」
コンセプトカー「e-up!」
コンセプトカー「e-up!」
コンセプトカー「cross up!」」
コンセプトカー「cross up!」」

up!ファミリーのまわりには、長身の女性アテンダントばかりが説明にあたっていた。up!を小さく見せるためなのか、それとも長身でもup!なら窮屈な思いをしないことを示したかったのかはわからないが、それはさておき、多彩なバリエーションの登場が予想されるup!がいつ日本に上陸するのか、いまから楽しみでならない。

新型「ビートル」
新型「ビートル」
「ビートルR」
「ビートルR」
「ビートル フェンダー」のインテリア。
「ビートル フェンダー」のインテリア。

■早くも「ビートル」にあのスポーツモデルが

楽しみといえば、フルモデルチェンジを果たした「ビートル」も日本デビューが待ち遠しいモデルのひとつだ。up!ファミリーに負けないほどたくさんの数のビートルが、ブースに投入されていたのだ。ひときわ目を引いたのは派手なエアロパーツや20インチタイヤがおごられた「ビートルR」。「ゴルフR」「シロッコR」に続く第3の“R”は、おなじみの2リッター直噴ターボを搭載。一見「911」のようなルックスでスポーティに駆けぬける姿が目に浮かぶ。

そしてもう一台、ファン垂涎(すいぜん)のコンセプトモデルが「ビートル フェンダー」。ビートルでは、あのフェンダー製のオーディオが選べるというのが話題になっているが、このビートル フェンダーは、オーディオのみならず、デザインにもフェンダーのイメージを与えたのが特徴だ。ギターが思い浮かぶマホガニーのインテリアパネルに加えて、トランクに用意されたギターアンプがユニーク。フェンダーのファンにはたまらないモデルだろう。

up!とビートルが存在感をアピールするなかで、強い個性を示していたのがコンセプトカーの「NILS」だ。全長3.04×全幅1.39×全高1.31mのシングルシーターEVは、大都市生活者に向けた新しい移動手段で、サイクルフェンダーやガルウイングドアといったデザインが特徴的。二輪よりも快適で、これまでの四輪よりも効率的な移動手段として、未来の私たちを魅了するに違いない。

地元ドイツでの開催だけに見どころ満載のフォルクスワーゲンブース。じっくり見ようとすると半日はかかるくらいの充実ぶりである。

(写真と文=生方聡)


VW、「up!」はじめ魅力的なクルマが勢ぞろい【フランクフルトショー2011】の画像
コンセプトカーの「NILS」。
コンセプトカーの「NILS」。
VW、「up!」はじめ魅力的なクルマが勢ぞろい【フランクフルトショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。