谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編)

2017.08.10 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「アウディS5クーペ」に試乗する。354psの3リッターV6ターボエンジンを積み、クワトロ4WDで路面をとらえる“完全無欠のアウディスポーツ”を、谷口はどう評価するのだろうか?

 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編)の画像拡大

コーナリングはメチャクチャ速い

アウディS5クーペの試乗を終えた谷口信輝と、その様子を道路脇で見ていたスタッフTの会話が始まった。

スタッフT:谷口さん、この前、試乗した「メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ」より、コーナリングスピードは2、3割速いように見えましたよ。
谷口信輝(以下、谷口):え? こっちのほうが速そう?
スタッフT:速そうでした。
谷口:うん、たしかにカーブはメチャクチャ速いですよ。すっごくよく曲がるし。
スタッフT:そういえば谷口さん、以前「アウディA4」に乗ったときは「運転がメチャクチャうまくなったように感じるはず」って言っていました。
谷口:かなり速いスピードでコーナーに進入してもグイグイ曲がっていきますね、S5も。タイヤのグリップ限界にはかなり近づいているんですが、そこを電子デバイスがすごくうまくコントロールして、グイグイ曲げていくんです。この先の高速コーナーでは、進入してからさらにハンドルを切り込むと少しタイヤが滑りそうになるけれど、危ない状態にはならない。電子デバイスは旋回を助けることしかしなくて、コーナリングの邪魔はしないんです。メチャクチャよく曲がりますよ。

これを聞いたスタッフTは谷口が電子デバイスについて言及したことが気になったらしく、続いてこんな質問を投げかけた。

スタッフT:それって、乗っていて楽しいんですか? それとも、自分で操っているというよりはクルマに曲がらされている感じですか? (続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
S5アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編) 2018.1.25 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「アウディRS 5クーペ」に試乗する。450psを誇り、0-100km/hを3.9秒で走りきるスーパークーペの豪快にして絶妙な味わいを、谷口がじっくり解説する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る