谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)

2017.08.17 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き新型「アウディS5クーペ」に試乗する。クーペにとって大事なのは走りか、それともスタイリングか? 谷口が自身のクーペ論を展開する!

 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大

このスタイリングは難解!?

アウディS5クーペのかたわらにたたずんだ谷口信輝とwebCGのスタッフTが、そのデザインについて議論を交わし始めた。

スタッフT:谷口さん、S5クーペのスタイリングはいかがですか?
谷口信輝(以下、谷口):うーん、正直に言うと、あんまり好きじゃないかも。
スタッフT:どうしてですか?
谷口:なんだろう。なんか、形がぐっとこないんですよ。あんまりセクシーに感じないというか。世の中的には、いまどうなんでしょうね、アウディのデザインって。
スタッフT:一時はちょっとしたブームみたいなものがありましたが、いまは少し落ち着いた気もします。
谷口:うーん、そうなんだ。乗ればとってもいいクルマで、印象もぐーんと上がるんだけれど、乗らないと印象に残らないっていうか、良さがわかりにくいクルマかもしれませんね。

ここでスタッフTが話題を変えて、「谷口さんの奥さんだったら、なんと言うでしょうか?」と続けた。

谷口:いやー、たぶんダメでしょ。ウチの妻はセダンとかクーペを全然評価しないから。SUVみたいに大きいクルマが好きなんですよ。だから、うちにはたくさんスポーツカーがあるけれど、妻に言わせると「ポルシェ・カイエン」が一番かっこいいということになっちゃう。だから、このS5もきっとダメだと思いますよ。
スタッフT:そうですか……。
谷口:フロントセクションだと、このボンネットのところなんか、少しチリがあっていないみたいで、日本の真面目な大工さんが見たら怒るかもしれませんね。

話が少しネガティブな方向に行き始めたところで、スタッフTが、「じゃあ、悪いところを探すんじゃなくて、どこか気に入ったところはありませんか?」と“軌道修正”を試みた。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
S5アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編) 2018.1.25 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「アウディRS 5クーペ」に試乗する。450psを誇り、0-100km/hを3.9秒で走りきるスーパークーペの豪快にして絶妙な味わいを、谷口がじっくり解説する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編) 2017.8.10 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「アウディS5クーペ」に試乗する。354psの3リッターV6ターボエンジンを積み、クワトロ4WDで路面をとらえる“完全無欠のアウディスポーツ”を、谷口はどう評価する?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る