谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)

2017.08.17 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き新型「アウディS5クーペ」に試乗する。クーペにとって大事なのは走りか、それともスタイリングか? 谷口が自身のクーペ論を展開する!

 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編)の画像拡大

このスタイリングは難解!?

アウディS5クーペのかたわらにたたずんだ谷口信輝とwebCGのスタッフTが、そのデザインについて議論を交わし始めた。

スタッフT:谷口さん、S5クーペのスタイリングはいかがですか?
谷口信輝(以下、谷口):うーん、正直に言うと、あんまり好きじゃないかも。
スタッフT:どうしてですか?
谷口:なんだろう。なんか、形がぐっとこないんですよ。あんまりセクシーに感じないというか。世の中的には、いまどうなんでしょうね、アウディのデザインって。
スタッフT:一時はちょっとしたブームみたいなものがありましたが、いまは少し落ち着いた気もします。
谷口:うーん、そうなんだ。乗ればとってもいいクルマで、印象もぐーんと上がるんだけれど、乗らないと印象に残らないっていうか、良さがわかりにくいクルマかもしれませんね。

ここでスタッフTが話題を変えて、「谷口さんの奥さんだったら、なんと言うでしょうか?」と続けた。

谷口:いやー、たぶんダメでしょ。ウチの妻はセダンとかクーペを全然評価しないから。SUVみたいに大きいクルマが好きなんですよ。だから、うちにはたくさんスポーツカーがあるけれど、妻に言わせると「ポルシェ・カイエン」が一番かっこいいということになっちゃう。だから、このS5もきっとダメだと思いますよ。
スタッフT:そうですか……。
谷口:フロントセクションだと、このボンネットのところなんか、少しチリがあっていないみたいで、日本の真面目な大工さんが見たら怒るかもしれませんね。

話が少しネガティブな方向に行き始めたところで、スタッフTが、「じゃあ、悪いところを探すんじゃなくて、どこか気に入ったところはありませんか?」と“軌道修正”を試みた。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
S5アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る