運転支援なの? 自動運転なの?

さてさて。ようやく肝心の操舵支援機能についてだが、公道で試した今回は、JARIのとき以上に、その介入度合いが大きく感じられた。「どのくらい?」と尋ねられるとうまく説明できないが、言葉としては「操舵支援」というより「自動操舵」といった方がしっくりくるくらいだ。

例えば、2号線と分岐・合流する一ノ橋JCT。往路ではイジワルにもまったくステアリングを操作せずに進入したのだが、アイサイト・ツーリングアシストは難なくそのコーナーをクリアして見せた。進入時こそ「そんな舵角で大丈夫か?」という感じだったが、途中で何度か修正舵をいれ、車線をキープして見せたのだ。なるほど、なるほど。変にソーイングしながら走るドライバーより、よっぽど上手だ。
また、JARIでは感じたステアリングのカクつきも低減されていた気がする。スバルのスタッフは「あの時から改良はしていませんよ。フフフ……」と言っていたが、ホントにホントかいな?

加減速を伴いながらのコーナーでも、舵の保持はしっかりしているし、修正舵の量も的確。欲を言えば修正なしに一発で、それこそ一筆書きでコーナーをクリアできるようになればいいんだけど……などとメモをとって、記者はハタと気づいた。それって“自動運転の評価”じゃん。アイサイト・ツーリングアシストは、あくまでドライバーのステリング操作を前提とした運転支援システムのはずだ。

記者は大いに混乱した。なにせこのシステム、実感としてはもう、自動運転の領域に片足突っ込んでいるのだ。事実、法定速度に従った試乗では、飯倉-福住間のコーナーをすべて“クルマ任せ”でクリアすることができた。ときどきその挙動におぼつかなさを覚えることはあったものの、記者がハンドルを操作したのはホントに車線変更や分岐・合流の時だけだった。

「アイサイト・ツーリングアシスト」は、車線に加え、前走車の動きも参考にして操舵支援機能を制御。車線が見えない状態でも操舵支援が働くようになっている。
「アイサイト・ツーリングアシスト」は、車線に加え、前走車の動きも参考にして操舵支援機能を制御。車線が見えない状態でも操舵支援が働くようになっている。
ダッシュボード上段に表示される、「アイサイト・ツーリングアシスト」の作動状態。
ダッシュボード上段に表示される、「アイサイト・ツーリングアシスト」の作動状態。
システムの状態はメーター内のマルチインフォメーションディスプレイでも確認が可能。写真はACCと操舵支援の双方が機能しており、操舵支援については車線ではなく、前走車の走行のみを参考に進路を算出していることを示す。
システムの状態はメーター内のマルチインフォメーションディスプレイでも確認が可能。写真はACCと操舵支援の双方が機能しており、操舵支援については車線ではなく、前走車の走行のみを参考に進路を算出していることを示す。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記
  • 【東京モーターショー2017】スバル、“走る愉しさ”をスポーツセダンで表現 2017.10.26 自動車ニュース