進化したがゆえに直面する、新しい課題

さすがに、交通の流れに沿った車速では、すべてのコーナーで“自動操舵”というわけにはいかなかったが、それでも操舵支援の介入は量・タイミングともに自然で、運転を非常にラクなものにしてくれた。スバルがアイサイト・ツーリング“アシスト”と称する以上、こっち側が当該システムの本来の姿であり、正しい使い方なのは間違いないだろう。

しかし、ここまで操舵機能が進化してしまうと、これを“プチ自動運転”みたいに認識する人が出てくるんじゃないの? 運転に対するドライバーの領分とクルマの領分の線引きはどこで、それを随時、どうドライバーに理解させるかは、こりゃもう現実問題だろう。

例えば、ドライバーに対する「ハンドルを握ってください」という警告。これまで記者は、ステアリングに手を添えている状態でも発生するこの警告に「ウルサイなあ。ちゃんと握ってるじゃん!」と思い、「いいかげんトルクセンサーをやめてタッチセンサーを取り入れるべき」なんて考えていた。しかし、今回の試乗で考えが改まった。理由は、逆説的だけどアイサイト・ツーリングアシストが結構キツめのコーナーも自動でクリアしてしまったからだ。

操舵支援機能の限界が上がれば上がるほど、その機能がカットになったときのドライバーの負荷は増す。「谷町JCTでのC1→3号線」のような急カーブの最中に操舵支援がオフになったとき、ステアリングに“ちょん”と触れているだけのドライバーに、とっさのハンドル操作はできないだろう。

さらに言えば、操舵支援機能がオフになる兆候を感知したら、ドライバーに「システムが切れそうだけど、ちゃんとハンドル握ってるよね!?」と事前に念を押す警告機能があってもいい。ドライバーとしても、いきなり機能が切れるより心の準備ができていいはず。今回の試乗で、ゆいいつ明確に感じたアイサイト・ツーリングアシストの要改善ポイントがこれだった。

やはり、これまでと同じ自動車のインターフェイスでまかなうには、最新の運転支援システムはできることが増えすぎた。一定速走行しかできなかった時代のクルーズコントロールと一緒という“旧態依然”の操作方法も含め、そろそろ機械と人間が運転をシェアする時代の、あるべきインターフェイスを真剣に考えないとイカンですね。

(文=webCG ほった/写真=webCG、スバル)
 

今回のルートでは、法定速度以下の状態では車線変更、および分岐・合流を除き、ほぼ自動運転と表していい状態での走行となった。
今回のルートでは、法定速度以下の状態では車線変更、および分岐・合流を除き、ほぼ自動運転と表していい状態での走行となった。
「アイサイト・ツーリングアシスト」という名称からも分かる通り、スバルは今回のシステムを、あくまで運転支援機能であると認識している。
「アイサイト・ツーリングアシスト」という名称からも分かる通り、スバルは今回のシステムを、あくまで運転支援機能であると認識している。
「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載された最新版の「アイサイト」も、ハードウエアについては従来のアイサイトから変更はない。素早いモデル展開に、期待したい。
「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載された最新版の「アイサイト」も、ハードウエアについては従来のアイサイトから変更はない。素早いモデル展開に、期待したい。
近年になって長足の進歩を遂げた運転支援システム。今後はさらなるシステムの改善に加え、より使いやすく、かつ安全性の向上にも寄与するインターフェイスの開発も推し進めてほしい。
近年になって長足の進歩を遂げた運転支援システム。今後はさらなるシステムの改善に加え、より使いやすく、かつ安全性の向上にも寄与するインターフェイスの開発も推し進めてほしい。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る