第434回:ちょい乗りレクサスLFA in 横浜
 〜スーパーカーはやっぱりナショナリズムだ!

2011.09.14 エッセイ

第434回:ちょい乗りレクサスLFA in 横浜 〜スーパーカーはやっぱりナショナリズムだ!

いったいなんなんだろうこのスゴさ

やっと乗れましたよ、「レクサスLFA」! といっても横浜みなとみらい周辺でほんの30分程度(笑)。つまり真価が分かった! とかしゃぶり尽くした!? なーんて全く言えないんですけど、乗れば乗ったで感じるところありましたわ。これはこれでスゴいクルマだと。

というのもぶっちゃけ、LFAって少々“顔が見えない”存在だったと思うわけですね。レクサス初のスーパーカーっつうか、久々の日本発スーパーカーで、「トヨタF1」マインドあふれる4.8リッターV10をフロントミドに積み、ボディは65%がハイテク素材のCFRPで残りはアルミとか、エンジンは560psで最高速325km/h以上とか、そういう基本的スタイルやスペックのスゴさはよく分かる。

でも「日産GT-R」みたいなフルタイム4WDの“全天候型スーパーカー”とか超ジャパネスクデザインをまとってるわけではなく、いわゆるクリーンなFRスタイル。しかも強烈なうたい文句や思想を語る言葉はそこになく、先日ドイツのニュルブルクリンクで市販車最速タイムをたたき出したわけだけど、ことさら「ニュル伝説」を強調する風もない。
V10エンジンだって技術的にはスゴいが、既にBMWもランボルギーニもアウディもやってるし、どちらかというとモリゾー社長がこれでレースに出たことの方が有名になったかも……みたいな。

でも乗ってみてちょっと分かったなぁ。これはこれで日本っぽく、ある意味“作り込み”の塊なのだと。同時につくづくスーパーカーとは“国の代表”なのだと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』