第5回:英国の魂ジャガー<1922年>
時代の荒波を乗り越えた高級車ブランド

2017.08.24 自動車ヒストリー 優雅さとスポーティーなイメージを身上とする英国のプレミアムブランド、ジャガー。創始者の慧眼(けいがん)とサーキットでの名声によって躍進し、戦災や、度重なる経営危機を乗り越えて今日に至る名門の、波乱に満ちた歴史を振り返る。

さまざまな顔を持つ英国の名門

2003年に登場した新型「XJ」は、ジャガーが新世代に入ったことを強く印象づけた。1986年以来のフルモデルチェンジで、伝統的なスタイリングを維持しながら革新的な新技術を盛り込んでいたのである。ボディーがアルミニウム化され、40%もの重量減を達成していた。少し前に「アウディA8」がアルミニウムを使ったスペースフレーム構造を採用していたが、ジャガーはリベット接着によるモノコックという意欲的な技術に挑んでいた。

サスペンションも一新され、電子制御ダンパーとエアスプリングが取り入れられた。上級グレードに用意されたのは、スーパーチャージャー付きの強力なV8エンジンである。スポーティーで室内が広いプレミアムサルーンへの脱皮を図り、強力なドイツ勢に正面から対抗しようとしたのだ。ユーザーからはおおむね好評を持って迎えられたが、首をかしげる古くからのファンもいた。XJは室内空間を犠牲にしても低い構えを崩さないものだという信念は根強く、近代的なスタイルに違和感を覚えたのだ。

人によって“ジャガーらしさ”が大きく違い、賛否が分かれたらしい。ジャガーと聞いて思い浮かべるモデルがXJであるか、「Eタイプ」であるかで、イメージはずいぶん違う。古典的なサルーンの「マークII」を想起する人もいるだろうし、レースシーンでの活躍がまず頭に浮かぶかもしれない。それも「Dタイプ」なのかグループCの“シルクカット”なのかではまるで別物だ。

ジャガーは、歴史の中で何度も変貌を遂げてきた。始まりは、サルーンでもスポーツカーでもない。1922年9月4日に発足したスワロー・サイドカー・カンパニーが、ジャガーの原点である。この日、創業者のウィリアム・ライオンズが21歳の誕生日を迎えている。彼は10歳年上の友人ウィリアム・ウォームズレイと共同で、イギリス北西部の町ブラックプールにオートバイのサイドカーを作る会社を立ち上げた。イギリスの法律では21歳以上でないと会社の設立ができなかったので、誕生日を待っていたのである。

2003年に登場したX350系「ジャガーXJ」。アルミモノコックボディーの採用により、大幅な軽量化とボディー剛性の強化を実現した。
2003年に登場したX350系「ジャガーXJ」。アルミモノコックボディーの採用により、大幅な軽量化とボディー剛性の強化を実現した。拡大
ジャガーのサルーンといえば、居住性より優雅さを優先した低いスタイリングを思い浮かべるファンは多い。写真はその嚆矢(こうし)となった1961年デビューの「マークX(1966年に『420G』に改称)」。以降のモデルにおける、ジャガー製サルーンのデザインの方向性を決定付けた一台である。
ジャガーのサルーンといえば、居住性より優雅さを優先した低いスタイリングを思い浮かべるファンは多い。写真はその嚆矢(こうし)となった1961年デビューの「マークX(1966年に『420G』に改称)」。以降のモデルにおける、ジャガー製サルーンのデザインの方向性を決定付けた一台である。拡大
1956年のルマン24時間レースで優勝を果たした「ジャガーDタイプ」の4号車。ジャガーは1950年代のルマンにおいて、5度の優勝を遂げている。
1956年のルマン24時間レースで優勝を果たした「ジャガーDタイプ」の4号車。ジャガーは1950年代のルマンにおいて、5度の優勝を遂げている。拡大
1988年のルマン24時間レースを制した「ジャガーXJR9」。ジャガーはグループC時代のルマンにおいて、1988年と1990年に優勝。同時期の世界スポーツプロトタイプカー選手権およびスポーツカー世界選手権では、3度にわたり年間タイトルを獲得している。
1988年のルマン24時間レースを制した「ジャガーXJR9」。ジャガーはグループC時代のルマンにおいて、1988年と1990年に優勝。同時期の世界スポーツプロトタイプカー選手権およびスポーツカー世界選手権では、3度にわたり年間タイトルを獲得している。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事