2022年に“ワーゲンバス”が電気自動車として復活

2017.08.21 自動車ニュース

独フォルクスワーゲンは2017年8月19日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州で開催されたクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、コンセプトモデル「I.D. BUZZ」をベースとしたマイクロバスを、2022年に発売すると発表した。

I.D. BUZZは、2017年のデトロイトモーターショーで世界初公開された電気自動車(EV)のコンセプトモデル。“ワーゲンバス”として親しまれた「フォルクスワーゲン・タイプII」を想起させるスタイルを特徴とする。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4942×1976×1963mm。バッテリーを床下に搭載したことと、フロントとリアにそれぞれモーターを備えるパッケージングの採用により、長いホイールベースと短いオーバーハングを実現。外観からは想像できないほどの広大な室内空間がもたらされるという。

また、レベル3の自動運転や、高度なコネクティビティーなども備えているとされる。

I.D. BUZZの主なマーケットとしては、欧州、北米、中国が想定されている。

(webCG)

コンセプトモデル「I.D. BUZZ」(写真左)と、「フォルクスワーゲン・タイプII」。
コンセプトモデル「I.D. BUZZ」(写真左)と、「フォルクスワーゲン・タイプII」。拡大

関連キーワード:
フォルクスワーゲン電気自動車(EV)自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事