ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場

2017.08.22 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、「S60/V60/V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

本革シートや電動ガラスサンルーフを標準装備

今回の仕様変更では、ベーシックグレードの「Tack(タック)」および充実した装備を誇る「Classic(クラシック)」グレードが追加設定された。

S60とV60の「D4タック」は本革シートをはじめ、助手席8ウェイパワーシートとフロントシートヒーター、12セグ地上デジタルTVを装備。「T3クラシック/D4クラシック/T5クラシック」ではこれらに加えて、「チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ」や18インチアルミホイール、「アーバンウッドパネル」などを装備している。

また、S60/V60では既存の「R-DESIGN」グレードにも、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフとLEDデイタイムランニングライトが標準装備とされた。

V60クロスカントリーにはクラシックのみが設定され、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフと18インチアルミホイールを装備する「D4クラシック」、ホイールが19インチとなる「AWD T5クラシック」の、新たに2グレード構成とされた。

ラインナップと価格は以下の通り。

【S60】

  • T3クラシック:454万円
  • D4タック:449万円
  • D4クラシック:479万円
  • D4 R-DESIGN:509万円
  • T5クラシック:499万円
  • T6 AWD R-DESIGN:614万円

【V60】

  • T3クラシック:474万円
  • D4タック:469万円
  • D4クラシック:499万円
  • D4 R-DESIGN:529万円
  • T5クラシック:519万円
  • T6 AWD R-DESIGN:634万円

【V60クロスカントリー】

  • D4クラシック:514万円
  • T5 AWDクラシック:549万円

(webCG)

写真左から「ボルボS60 T5クラシック」「V60クロスカントリーT5 AWDクラシック」「V60 T3クラシック」。
写真左から「ボルボS60 T5クラシック」「V60クロスカントリーT5 AWDクラシック」「V60 T3クラシック」。拡大

関連キーワード:
V60V60クロスカントリーS60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
ホームへ戻る